ブログ 成功法則

【成功法則】何事も自分の責任と考える

更新日:

私はその昔、
自分の事業の組織化に失敗したことがあります。

 

もう10年以上前になりますが
せどりビジネスをしていました。


当時せどりという言葉が
広く世間に知られる前の時代でしたので


競合も少なく、独自の仕入れ先も構築していたので

とても儲かっていました。


最高月収で300万円くらいあったと思います。


そんな中、会社の組織化を行い

従業員というか友人を雇用して
ビジネスの規模を大きくしていました。


単純作業の繰り返しだったので

人員が多いほどよかったですし


友人の相談に乗っているうちに

私の会社で働きたいという人も出てきた感じです。


しかし、結果から言うと

その事業は失敗しました。


事業資金の持ち逃げなどで

500万円ほどの負債を背負ってしまいます。


その当時、私は他人の気まぐれで

今まで積み重ねてきていた私のビジネスが終了したと
強く後悔したのを覚えています。


しかし、いろいろと成功法則を学ぶ中で

この考えは改めました。


他人の気まぐれで失敗したのではなく

自分の判断ミス、経営者としての能力不足で
失敗したと考えなおしたのです。


要は、すべての責任は自分にあると

考え直しました。


これは、経営者だけではなく

すべての人に当てはまることだったりするのですが

自分の人生でもし思い通りにいかない部分があるのであれば
それはすべて自分の責任だと考えたほうが成長は加速します。


本当に他人の責任で失敗していることもあるのかもしれませんが

すべては自分の責任と思考を改めるのが大切です。


なぜかというと、

他人を責めたところで現実は変わりませんが


自分を責めて考えを改めれば

自分は変わることができるからです。


そして、望む結果に向けて

前に進むことができます。


今お金持ちでないのは、
もしかしたらお勤めの会社のせいかもしれません。

しかし、それはその会社を選んだ
本人の責任と考えます。


今自分が満たされないのは

夫がお金にだらしがなく、たくさん借金を作ってくるせいかもしれません

しかし、その夫を配偶者として選んだのは
本人の責任と考えるわけです。


これは、深刻な悩みであればあるほど

厳しい現実に直面することにもなりますが


その現実から逃げずに

自分と向き合い、


すべての結果は自分に責任があると

考え直すことで、次の進化に向けて進む事ができます。


たとえ、本当に自分が悪くなかったとしても

自分の責任ととらえます。

このように考えると
思考ベースでは常に進化することができるようになりますので


何事も自分の責任であると

考える癖をつけてみることをおススメします!

 

※メルマガ登録はこちら

お名前  
メールアドレス

 

 

 

-ブログ, 成功法則
-, , ,

Copyright© クアラルンプールで暮らす社長のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.