ブログ 成功法則

【成功法則】成長を阻害する思い込みを捨てる

更新日:

私は一人社長として会社を経営してずいぶん経ちますし
年々会社の利益は増えているので、
マーケティングがすごく得意と思われています。


また、しゃべるのが得意と思われていて

スピーチやセミナーも得意と思われています。


それは大変ありがたいことで

もちろん苦手意識はないですし
得意な分野だと思っています。


しかし意外な分野として

私は事務作業がとても得意です。


外注さんや提携先企業など多数ありますが

それらを管理したり、

数字をまとめたり、資料をまとめたりするのが

かなり得意なのです。


それは、以前従業員を雇っていた時に

冗談抜きで、嘘みたいな本当の話があります。


私の事務作業量が、

その従業員の20倍くらいあったんです。


その出来の差に当時はずいぶん驚きましたが

それ以来、私は世間的に見ても事務処理作業はずいぶん
得意なんだと思うようになりました。


事務作業は基本的には外注すべき作業なのですが

実際に自分でこなしていると


様々な気づきや

新たなアイディアが出たりするので
今でも事務作業はそこそこやっています。


そして、私は事務作業が得意なんですと

人に話すと、みんな驚きます。


マーケティングやスピーチ、

セールスが上手なイメージがあるので
その思い込みを裏切られるようです。


石岡さんは事務作業が最も得意そうだと

人から思われることはほとんどないですので

他人の思い込みと
現実はずいぶん違うものだなと思います。


しかし、実は
私は28歳くらいまで
事務作業は苦手だと思っていました。


周りの人が、事務作業よりも

セールス、マーケティング、スピーチが上手なイメージがあったので

裏方仕事よりも表に出るのに
適した人材だと思っていたようです。


そして、私自身も

自分の能力に気付くことなく
28歳くらいまで苦手意識を持っていました。


こんな感じで、現実とは異なった

苦手意識、成長を阻害するような思い込みというのは
誰にでもあることだと思います。


私の場合は実害がさほどないので

良かったのですが


私の親は文系出身だから

私は理系の医者になることはできないとか


友人が私はお金にルーズだというので

私はお金持ちになれないとか


私は田舎に生まれてしまったので

東京で成功することはできないとか


決定的に成功、成長を阻害するような

思い込みをもってしまっている人は
意外と多いものです。


もちろん、これらの思い込みに
根拠はないです。


周りからの影響などで、
間違えた思い込みを持ってしまったときは
積極的に捨てたほうが良いです。


成功したいと思っているのに

私には能力がないと思い込んでいては


能力に関係なく成功するために

宝くじを買うしかないみたいな発想になってしまいます。


成長を阻害する思い込みというものは

意外と持っている人が多いものですので


この機会に、自分自身に何か間違えた思い込みはないか

考えてみることをおススメします。


そして、成長を阻害するような思い込みがあれば

それは意識的に捨ててしまいましょう!

※メルマガ登録はこちら

お名前  
メールアドレス

【成功法則】成長の阻害となる思い込みを捨てる ~vol.20~

 

-ブログ, 成功法則
-, , ,

Copyright© クアラルンプールで暮らす社長のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.