ブログ 成功法則

【成功法則】過去に先送りした問題を解決しよう

更新日:

私のもとに寄せられる相談の中で
30代中盤以降の方の相談が最近増えてきました。


人生において収入が不足している

という問題を慢性的に抱えていて


どうにかしなくてはならないと

危機意識を持っている人が増えたと思います。


実はこの手の相談は数年前までは

珍しいことでした。


20代のころは
そのような相談があるのですが


30代になると結婚したり、
子供ができたりして


昔はお金持ちになる
夢があったとしても



現実的に今目の前にある
仕事を一生懸命頑張って



家族を支えていこうという
思考に代わる人が多かったです。


しかし、
最近事情が変わってきて



たとえ一部上場企業に
勤めていたとしても



終身雇用がほぼ無理
という時代になってきました。


そして、目の前で50代くらいでリストラされていく先輩を見て

自分も危機意識を持ったという感じです。



数年前までは、会社に残ればなんとかなるという感じだったのですが

会社がその後の人生を保証してくれないというのが
ある程度一般的に認識されているようです。



30歳を超えてずいぶん相談がかなくなっていたのですが

最近よく相談を受けるようになりました。



いろいろと話を聞いているうちにだんだんわかってきたのは

みんなお金持ちになりたいですし、
みんな自由に暮らしたかったんだということです。



すごく当たり前の橋のように聞こえるのですが

私は大きな勘違いをしていました。



みんな人生に折り合いをつけて、

お金持ちになることはあきらめて、挑戦するよりも
安定を選ぼうという結論になったと思っていました。



要は、それはそれで前に進んだというか

前向きに人生を歩んでいるものと思っていました。



しかし、多くの方はお金持ち人って自由な人生を送る

というのは過去に先延ばしにしていた問題だっということです。



過去に先延ばしにしていた問題を解決できずに

ずっと悶々とした日々を送っていたようです。



実はこの気持ちは私も良く分かります。



人々の役に立つ生き方をしたいと

心の中で強く思っていても、



目先の会社経営で

手一杯になっていた時期があるんですね



そんなときも、

私はずっと自分の人生の課題を
先延ばししていたように思います。



自分がどこまでできるのかはわかりませんが

自分のできる限りの挑戦をしようと決めて
教育事業を始めた時のことを思い出します。



正直なところ、教育事業は

自分の所有している事業と比べても
収入面でのメリットはあまりありません。



でも、長年やりたいと思っていたので

教育事業に取り組んでいるときは、



過去に先延ばしにしてきた

問題に向き合って行動しているように感じます。



お金は儲からないかもしれませんが

時間をいくら投資しても充実感がありますし
行動してよかったと思うことのほうが多いです。



私も過去の課題を先延ばしにしていた経験はあるのですが

ほかの方でも同じだということに気づきました。



そして、先延ばしにしていた課題は

本当は自分がやりたいことだったり、
収入を上げるために
やらなければならないことだったりします。



これらの課題に取り組むことは

面倒なことも多いのですが、


人生においてとても大事な部分が

進んでいくので、ぜひ取り組むことをおススメします。



3年後でも、10年後でも先送りした課題というものは

もう一度取り組む必要があるものだったりします。



目先では非効率に感じることもあるかもしれませんが

やってみて後悔するよりは
すっきりすることのほうが多いと思いますよ。

 

※メルマガ登録はこちら

お名前  
メールアドレス

 

 

 

 

-ブログ, 成功法則
-, , ,

Copyright© クアラルンプールで暮らす社長のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.