ブログ プレゼンテーション

プレゼンの冒頭の挨拶で気を付けるべき重要ポイント【上手くいくとかなり有効】

更新日:

 

プレゼンの実戦経験を積んでいく中で

冒頭の挨拶が上手くいかなくて

苦労した経験のある人は多いと思います。

 

 

これは、現場にいると

だんだん分かってくるのですが

 

 

最初のつかみが上手くいかないと

その後の空気が重くなったり

 

 

なんとなく本調子で話せなくなったり

スランプになってしまったかのような

状況になりやすいんですよね。

 

 

そういった経験を繰り返す中で

プレゼンの冒頭の挨拶、

 

 

いわゆる

プレゼンのつかみは本当に重要だ

と思うようになります。

 

 

最初の挨拶が上手くいかないだけで

そのあとのプレゼンの反応が悪くなったり

 

 

プレゼン全体の雰囲気として

いまいち盛り上がらなかったりするものです。

 

 

そこで、今日の記事では

プレゼンの冒頭の挨拶では

どのような内容にするのが良いのか

 

 

また、どのような内容が良くないのか

良い例と悪い例に関して

解説していきたいと思います。

 

 

 

そして、プレゼンの冒頭の挨拶というのは

プレゼンをするたびに必ずある場面ですので

 

 

成功させるための

効果的なパターンなんかも

作れるようになると良いんじゃないかな

と思っています。

 

 

この最初の挨拶の部分だけでも

上手にできるようになるだけで

 

 

明確にプレゼンの内容が

改善されますので

ぜひ学んでみてくださいね

 

 

今日の記事を読むと、、、、

 

 

プレゼンの冒頭の挨拶が上手になる

最初のつかみがうまくいくようになる。

つかみが上手くなりプレゼンに集中してもらえるようになる

プレゼンの冒頭の挨拶の内容を自分で決めれるようになる

プレゼンの冒頭の挨拶はどのような内容が良いのかわかる

プレゼンの冒頭の挨拶はどのような内容が良くないのかわかる

プレゼンのつかみの効果的なパターンがわかる

 

 

などのメリットを得ることができます

 

 

なお、この記事を書いている私は

貿易会社経営、ビジネス歴16年、年商2億円の

スモールビジネスの経営者です。

 

 

人前で話す経験もそれなりにあり

予備校講師として毎日教壇に立っていたこともあります。

 

 

そういった意味では

1000回以上人前で話す経験をしているのですが

 

 

プレゼンの冒頭の挨拶というのは

本当に奥が深いです。

 

 

これがうまくいけば

その後のプレゼンの雰囲気も良くなりますし

 

 

良い雰囲気のまま、

プレゼンを進めていくことができます。

 

 

逆に、この冒頭の挨拶がうまくいかないと

なかなか空気が重たくなることもあります。

 

 

これはコミュニケーションの第一印象が

上手くいかないと

その後もなかなか挽回できないのに

よく似ています。

 

 

そういった意味では

この最初の30秒程度の時間がいかに重要か

 

 

現場で経験を積めば積むほど

分かってきます。

 

 

とはいえ、この冒頭の挨拶は

本当に奥が深く

 

 

それなりに経験を積んでいる人でも

上手くいかないときがあったります。

 

 

私はわりと得意なほうですが

それでもプレゼンの冒頭の挨拶が

上手くいかないことがあり

そんな時は、深く反省します。

 

 

ただ、このプレゼンの冒頭の挨拶は

あるノウハウ、コツを押さえておけば

失敗をかなり減らすことができますので

 

 

今日はそのノウハウについて

解説させていただきますね。

 

 

何事も最初が肝心なんて

言われたりしますが

 

 

今日のノウハウと通じて

プレゼンの冒頭の挨拶が少しでも得意になってくれると

とてもうれしく思います!

 

 

1、プレゼンの冒頭の挨拶はかなり需要なポイントである

 

これは、プレゼンをしたことがある人であれば

現場で感じたことがある人も多いかもしれません。

 

 

また、自分でプレゼンはしたことはないけど

他人のプレゼンは聞いたことがあるという人も

 

 

プレゼンの冒頭の挨拶、つかみは

とても重要なものであることは

イメージできると思います。

 

 

これは、コミュニケーションでいうところの

第一印象のようなもので

 

 

プレゼンの最初の挨拶で

印象が悪かったり、

 

 

この人の話を聞く価値が無いだろうなと

何らかの理由で思われてしまったりすると

その後の反応が明確に落ちてしまうんですね

 

 

なので、このプレゼンの冒頭の挨拶は

上手くいけば、その後の展開は

かなり良い状況になりますし

 

 

上手くいかなければ

その後の展開はかなり良くない状況になってしまいます。

 

 

そういった意味では

上手くいくためのノウハウも

もちろん重要ですが

 

 

これをやってしまうと

プレゼンの冒頭の挨拶は

うまくいかないという

 

 

やってはいけないことも

しっかり学んでおくことをおススメします。

 

 

 

プレゼンの冒頭の挨拶は

全体の構成の中でも

かなり重要度の高い部分ですので

しっかり学んで対策しておきましょう!

 

2、プレゼンの冒頭の挨拶でやってはいけない事

 

ということで、

最初にやるべきことよりも

 

 

やってはいけないことを

記載したいと思います。

 

 

コミュニケーションで、第一印象で

いきなりネガティブなことを言うとか

大声で下品な会話をするとか

 

 

そんなことをすると

嫌われてしまうのは想像できると思います。

 

 

これは、プレゼンでも似たようなもので

最初にやってはいけない事というものを

しっかり認識しておくことで

失敗の確率をかなり減らすことができます。

 

 

それでは、プレゼンの冒頭でやってはいけないことは

下記のとおりです。

 

 

・ブラックジョーク、ネガティブ発言

 

いきなり、ネガティブな内容や

つかみで笑いを取ろうとするあまり

 

 

ブラックジョークといわれるような

あまり笑えないものをネタにするのは

やめておきましょう。

 

 

基本的にブラックジョークやネガティブ発言は

全員に受け入れられるものではないので

 

 

少数の人だけ笑ってくれるブラックジョークや

一部の人だけ共感してくれるネガティブネタはNGです。

 

 

プレゼンは一人でも多くの人に

自分の提案を受け入れてもらうためのものですので

属性が極端に絞られるような

発言は避けたほうが無難です。

 

 

 

身内にはわかるジョークや

男にだけ通じる下ネタなども

 

 

プレゼンの冒頭の挨拶では

必ず省くようにしましょう。

 

 

・謝罪

 

これも、確実に避けておきたいパターンです。

 

 

プレゼンの中で謝りたい部分があるとき

それは意識していないと最初に言いたくなるものです。

 

 

いい人であればあるほど

謝罪の気持ちがあるときは

誠意をもってそれを冒頭に言おうとしてしまいがちです。

 

 

それは、人間性としては素晴らしいことなのですが

そこはあえて我慢しましょう。

 

 

もちろん、その謝罪の言葉は

中盤に持ってくるなど

どこかで言うことは問題ないです。

 

 

ただ、最初の印象として

謝罪から入ってしまうと

 

 

そのプレゼンを聞いた人は

何かネガティブな話を聞かなくてはという

印象を持ってしまいます。

 

 

せっかく時間を取ってあなたの

プレゼンを聞いてくれようとしているわけですから

プレゼンの冒頭ではネガティブな話の代表である

謝罪は避けておきましょう。

 

 

これは、あなたのプレゼンのために時間を割いてくれた

相手へのマナーでもありますので

 

 

謝罪の気持ちがある場合でも

ここはぐっとこらえて、

中盤以降に謝罪するようにしましょう。

 

 

・ながい自己紹介

 

自分の経歴絵や得意分野を相手に伝えることは

もちろん重要なことです。

 

 

話をする本人の自己紹介というものが

そのプレゼンにおいて確かに重要でもあります。

 

 

ただ、これは中盤以降に知ればよい話

最初の段階から長めの自己紹介をしてしまうと

 

 

聞き手としては

そもそもこのプレゼンは聞くに値するのか

判断ができません。

 

 

また、プレゼンの構成上の理由でも

最初から全力で自分の経歴を話すのは

重たくなる場合も多々あります。

 

 

あくまでもプレゼンの冒頭の挨拶は

第一印象にあたる部分です

 

 

そこを意識して

長すぎる自己紹介など

がっつり話し込む内容は避けておきましょう。

 

 

上記の3点を意識するだけでも

プレゼンの最初の段階で失敗する確率を

大幅に減らすことができます。

 

 

ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

3、プレゼンの冒頭の挨拶で効果的なポイントとは

 

それでは、プレゼンの冒頭に入れるべき

効果的なポイントは何なのでしょうか。

 

 

効果的なつかみができれば

プレゼン全体に良い影響を与えますので

ここはぜひとも抑えておきたいところです。

 

 

基本的には下記のようなポイントを押さえると

効果的なことが多いといわれています。

 

 

・まず結論から話す

 

これは、プレゼンのテーマにもよりますが

プレゼンのテーマが聞き手側にとって

とても興味深い場合、有効な手段になります。

 

 

聞き手は、あなたのプレゼンのテーマを見て

そのテーマなら是非お話を聞いてみたい

 

 

というモチベーションで

あなたの話を聞きに来てくれていたりします。

 

 

その場合は、いきなり結論から話してしまうのは

とても効果的です。

 

 

結論を話すのをもったいぶって

話の中盤以降に持っていきたい人がいるのもわかりますが

 

 

ここはあえて結論をバシッということで

最初のあなたの発言に聞き手は興味を持ってくれます。

 

 

これが非常に重要で

結論をもったいぶらずに

 

 

確実に聞き手に興味を

持ってもらえるように構成しましょう。

 

 

プレゼンの冒頭の挨拶が重要であることは

記事の序盤で伝えた通りです。

 

 

この最初タイミングでは

出し惜しみせずに、

 

 

結論が聞き手にとって

とても魅力的な話であるならば

先にそれを伝えてしまいましょう。

 

 

・問題提起する

 

これは、広告の業界でよく使われる手法で

あなたもテレビやyoutubeなどのメディアで

見たことがあるかもしれません

 

 

よくあるパターンが

 

 

「突然ですが、たった一つのことを始めるだけで

あなたの髪がふさふさになるとしたら、

その一つのことを知りたくありませんか。」

 

 

みたいな広告でも

見ますし

 

 

「今この瞬間にも、多くの子供たちが病気で亡くなっています。

でもこの子供たちはあなたのほんの数百円で救うことができます。

恵まれない子供たちに寄付しませんか。

あなたには何かができるとは思いませんか。」

 

 

のように、寄付を求めるような

広告でもよく使われます。

 

 

これらの問題提起はすべての人に

刺さるわけではありませんが

 

 

特定の人は、その問題提起が胸に刺さり

行動を起こしてくれたりします。

 

 

 

もちろんあなたのプレゼンも

問題提起の後もしっかり聞いてくれるようになります。

 

 

単純な興味とかではなく

問題意識を持ってもらって、

話に興味を持ってもらうという

アプローチもとても有効です。

 

 

・いきなり暴露する

 

これは、芸能人の記者会見などで

よく使われる手法です。

 

 

いきなり会社の内部告発をしたり

いきなり解雇を発表したり

いきなり秘密を明かしたり

 

 

とにかく、最初に本来は言うべきでは言ことや

聞いた人が意外に思うようなことを

発言します。

 

 

これは、かなり強力で

本日紹介するテクニックの中では

最も効果的なものになります。

 

 

感覚的にもイメージできる方も

多いかと思いますが

 

 

業界の闇とか、いきなり暴露とか

普段温厚な人がブチギレとか

 

 

インタネットではよくアクセスの集まる

キーワードです。

 

 

そしてこれらの要素は

人の興味を強烈に引くので

 

 

多少下品であったとしても

かなり有効な手段であることは間違いないですね。

 

 

ただ、私は個人的にはあまり好まないのと

自分のキャラに合っていないので

ほとんど使ったことのない手法です。

 

 

4、もれなくダブりなく先に論理武装しておく。

 

今までの解説から

プレゼンの冒頭の挨拶が非常に重要であることは

伝わったかと思います。

 

 

しかし、ここにも落とし穴があって

少しでも魅力的なつかみにしようとする反面

 

 

冒頭の挨拶に中身がなくなってしまったり

その後のプレゼンのメインの内容に悪影響を

与えてしまうことが良くあります。

 

 

具体的には、論理武装が全然できていなくて

突っ込みどころ多数の状態です。

 

 

これは、やはり重要な部分なので

プレゼンの冒頭の挨拶の内容が決まったら

 

 

一度、メインのプレゼンの内容の

論理武装がしっかりできているか

確認しておきましょう。

 

 

どんな質問が来ても答えられるように

論理武装しておくことがプレゼンの基本なので

そこをしっかり対策しておくことが必要ですね。

 

 

5、石岡の事例

 

私の事例だと、これは無数にあり

セミナーの数だけあるという感じですが

 

 

少し裏技的なテクニックを

今日はお伝えしようと思います

 

 

それは、セミナー会場を工夫することで

つかみをかなり効果的に行う手法です。

 

 

まずは、セミナー会場を権威のある

普通の人では利用できないような豪華なところを借ります。

 

 

これは、お金を払えば

だれでも借りることができるので

一般的にはホテルの会議室とかがおススメです。

 

 

そして、私は実際に5つ星ホテルで生活しているので

リッツカールトンホテルに宿泊して

 

 

そのまま会議室に行って

セミナーすれば大丈夫です。

 

 

そうすると、会場に入る前から

聞き手の人は圧倒されているので

高確率で興味を持ってもらえます。

 

 

ホテルの権威性が、

そのまま私のイメージに重なるので

とてもお得な興味付けだと思います。

 

 

セミナーが始まる前から

事前情報と実際の豪華絢爛さで

 

 

話を聞いてもらえるような環境を

演出する感じですね。

 

 

多少お金はかかりますが

それ以上のメリットがある場合には

活用してみることをおススメします。

 

 

6、まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

プレゼンの冒頭の挨拶がいかに重要なものか

ご理解いただけましたでしょうか。

 

 

プレゼンの冒頭の挨拶次第で

その後、聞き手が話を聞いてくれるかに

大きく影響します。

 

 

これは、コミュニケーションでいうところの

第一印象に近いものですので

大切にしたいところです。

 

 

そして、プレゼンの冒頭の挨拶で

やってはいけない事も認識いただければと思います。

 

 

良いつかみにするつもりが

それが裏目に出ることも良くありますので

 

 

しっかりノウハウ通りに

ポイントを確認しておきたいところですね

 

 

あとは、効果的な冒頭の挨拶ももちろん重要ですが

それに気を取られるあまり

 

 

プレゼンの論理武装が

曖昧になってしまっては本末転倒です。

 

 

ここのポイントもしっかり確認したうえで

プレゼンに臨んでみてくださいね。

 

 

今日の記事があなたのプレゼンにお役に立ってもらえれば

大変うれしく思います。

 

 

本日も最後までお読みいただき

有難う御座いました!

 

横の理論の論理武装をする方法【プレゼンテーション】~vol.42~

-ブログ, プレゼンテーション
-, , ,

Copyright© クアラルンプールで暮らす社長のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.