ブログ プレゼンテーション

プレゼンの基本は毎日が提案の連続と考えることから始まる【基本マインド】

更新日:

日々の仕事の現場や

何かのコミュニティの集まりなどで

 

 

プレゼンテーションを

しなくてはならない場面になることがあります。

 

 

そのようなときに、

多くの人は何となく資料を準備して

プレゼンに向かうわけですが

 

 

実はプレゼンテーションというのは

ある程度、基本を押さえることで

かなり上手になったりします。

 

 

 

本日はその基本について

解説したいと思います

 

 

これからプレゼンについて学びたい

という人には今日の記事は参考になると思います。

 

 

また、

プレゼンがうまくできない

人前でうまく話せない

など、

 

 

ある程度経験したうえで苦手意識がある人でも

ちょっとしたノウハウを学ぶだけで

かなり進化することができます。

 

 

ほとんどのビジネスマンは

ノウハウとしてプレゼンテーションを

しっかり学んでいません。

 

 

プレゼンは準備次第で

かなり良いものが作れたりするものなので

基本を学んでおくだけでもかなり効果が出ます。

 

また、ビジネスの現場だけではなく

日常の生活の場でもプレゼンする場面はよくあるもので

 

 

たとえば、

今度の休日は遊園地に連れていってほしい

今日の夕食は和食にしてほしい

 

 

など、ビジネス上の提案とまではいかなくても

日々の生活の中でこれらの提案をしっかりできれば

自分の提案が実現するようになります。

 

 

よって、

自分の意見が通らない

いつも同僚の提案に流される

自分の意見が通らずいつも損をしている

 

 

などの悩みがある人も

プレゼンテーションの基本を学ぶことで

その多くを解決できるようになります。

 

 

よって、今日の記事を読むと、、、、

 

 

・プレゼンテーションの基本がわかる

・プレゼンの重要性がわかる

・人前で話せるようになる

・自分の意見を言えるようになる

・人に流されにくくなる

・自分の意見が通らず、損することがなくなる

 

 

などの効果を得ることができます。

 

 

なお、この記事を書いている私は

貿易会社経営、ビジネス歴16年、年商2億円の

スモールビジネスの経営者です。

 

また、10年間予備校の講師を

していました。

 

プレゼンは

仕事の中でよく行いますし

 

予備校講師としても、

一人社長として会社を経営するうえでも

 

プレゼンテーションのスキルは

よく使っています。

 

プレゼンテーションのスキルを

意識的に使うことで

 

あらゆる場面で

成果を出すことができましたし、

ずいぶん得することができました。

 

 

経営者として結果を出すにも、

ビジネスマンとして結果を出すにも

 

 

多くの人が意識的に習得していないスキルを

習得することで大きな結果につながります。

 

 

人との差になりやすいスキルですので

ぜひ習得することをおススメします!

 

 

 

1.プレゼンの基本は毎日の小さな提案を意識することから始まる

 

実は意識していない人は多いのですが

日常生活の中で、大体の人はプレゼンテーションを経験しています。

 

 

プレゼンテーションというと

ビジネスの会議などで行われる

ビジネススキルのいる作業だと思われがちですが

 

 

週末は遊園地に連れて行ってほしい

今日の夕食は和食が食べたい

明日は近所で話題のカフェに行ってみたい

 

 

など

誰かに何かを提案して

それを受け入れてもらうという作業は

誰もが日々経験しているものですよね

 

 

そういった提案一つでも

受け入れてもらえなければ

自分が譲歩することになります。

 

 

そういったことの積み重ねで

提案が通らないことで損してしまうことも多いものです

 

 

なので、まずはプレゼンテーションを学ぶ第一歩として

毎日が提案の連続であることを意識してみましょう。

 

そうすることで、

プレゼンは単なるビジネススキルではなく

 

 

身に着けると誰にでも、

日常生活レベルで役に立つスキルであることが

分かってきます。

 

2.プレゼンの基本はコミュニケーションやセールスにも通じる

 

プレゼンテーションというと、

なんか難しそうといった感じで

身構えてしまう方もいると思います

 

 

しかし、提案がうまくできることで

得することは多いです。

 

 

先ほど言ったように

ちょっと意識してみると

毎日は提案の連続だったりします。

 

 

日々の提案がうまくなることで

コミュニケーションが上手になったり

 

 

提案がうまく通るようになることで

小さな得をする機会も増えてくると思います

 

 

ちょっとした事の積み重ねが

人生全体でみると大きな違いになったりすると思います。

 

また、プレゼンが上手になると

単純にセールスも上手になります。

 

 

セールスとは言い換えれば

お客さんに対してお得な提案をすることなので

 

 

上手にプレゼンできれば

当然、セールスでも結果が出るようになります。

 

 

コミュニケーションもセールスも、

プレゼンテーションも

本質的なところでは全部つながっているので

 

 

プレゼンが上手になるだけで

いろいろな能力が上がります。

 

 

プレゼンテーションは

実はすごくメリットの多いスキルですので

ぜひ身に着けてみてくださいね

 

3.お金を払うと簡単に提案が通ることが多い

 

これは、プレゼンテーションの基本中の基本になります。

お金を払うとかなり簡単に自分の提案を通すことができます。

 

 

お金を払うので、

うちの会社で雑務をしてくれませんか?

 

 

お金を払うので、勉強頑張ってね。

いい点数を取ったらご褒美にゲームを買ってあげるからね

 

 

お金を払うので、

浮気を許してくれませんか?

好きな物も買ってあげるから

許してください

 

 

など、こんな感じです。

 

 

これらの提案は

よく聞く話です。

 

 

1つ目の提案は

お金を払って企業の雑務をこなしてくれる人は

たくさんいるので、

この提案はほぼ確実に通るでしょう。

 

 

2つ目の提案は、小学生くらいの年齢で

テスト期間になれば

 

 

この手の提案を受けている

子供は必ずいるものです。

 

 

そして、その提案を受け入れて

一生懸命勉強している子供もたくさんいますよね

 

 

3つ目の提案は、相手次第ですが

許してくれることもあれば、

許してくれないこともあるでしょう。

 

 

こればかりは相手次第という感じですが

この提案でうまくまとまる事例も多いと思います。

 

 

こんな感じで

お金を払うときの提案は無意識によくされていますが

 

 

かなり高い確率で

自分の提案を通すことができます。

 

何か、難しい提案や

いろいろ交渉するのが大変なときなどは

 

 

お金を払うことで

提案が簡単にならないか考えてみるのも

おススメです。

 

4.お金をもらう側だと難易度が上がる

 

そして、お金をもらう側になると

プレゼンテーションの難易度は一気に上がります。

 

 

一般的なプレゼンのイメージは

このお金をもらうプレゼンであることが多いですよね。

 

 

これはイメージ通り

仕事上のスキルとして求められることが多いです。

 

 

お金をもらって、

自社の製品を買ってもらう

 

 

お金をもらって、

一流企業で採用してもらう

 

 

お金をもらって、

長期的に取引してもらう

 

 

などなど、

お金をもらう場合、

多くの場合はセールスの要素が強くなります。

 

 

自分の収入を上げるためにも

会社の中で出世するためにも

 

 

プレゼンのスキルがあると

良い結果につながることは多いです。

 

5.石岡の提案の事例

 

私の場合は。このプレゼンの成功事例として

大量にセールスマンを雇用したことがあります。

 

 

今思うとこれはプレゼンとしては成功事例で

経営としては大きな失敗事例なので

公開するのが恥ずかしいのですが

公開しますね。

 

 

ある事案で、セールスさえしかっり行えば

確実に利益が出る案件がありました。

 

 

私としては大量に売りたかったですし

誰でも簡単に販売できる仕組みを構築したので

これは人を採用すればするほど儲かると思いました。

 

 

そこで、友人や知り合いなど

副収入が欲しい方は誰でも契約し、

 

 

前金で人件費を払って

経費も大量投下しました。

 

 

その見込みは当たっていて、

仕組みが完成するころには、

 

 

月収で300万円程度の収入を

得ることができるようになっていました

 

当時は25歳でしたので

アイディア一つでここまで稼げるものかと

感動した記憶があります。

 

 

しかし、ここまでの段階では

プレゼンとしては成功なのですが

ここからは私の経営手腕に問題がありました。

 

 

経営の初歩的なミスでは有名な話で、

「友人と起業してはいけない」

という掟を守っていなかったんですね。

 

 

友人と起業すると、たとえ儲かっても

その後の運営でいろんなトラブルが起きるものです。

 

 

詳細はさすがにここでは書ききれないので

省略しますが、

 

 

そのビジネスは、大きな失敗として

その後撤退することになってしまいました。

 

 

ただ、お金を準備して

大量に一つの提案を通しましたので

 

 

プレゼンという意味では

成功していました。

 

 

まずは、お金を払う提案を考えてみると

それだけで大きな成功ができる典型的な例だと思います。

 

6.まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

提案というものは、毎日の生活の中で誰もが行ていること

 

ビジネススキルの基本として、

お金のかかる提案と、お金のかからない提案で

難易度は全く変わること

 

 

まずは、お金を払う提案で

プレゼンできないか考えてみること

 

 

など、基本的な認識やマインドの部分まで

解説させていただきました

 

 

もちろん、お金をもらう場合や

難易度が高い提案を通す技術も

 

 

別の記事で解説させていただきますので

もしよかったら覗いてみてくださいね

 

 

最後までお読みいただき、有難う御座いました!

 

プレゼンの基本は毎日が提案の連続と考えることから始まる【プレゼンテーション】  ~vol.31~

-ブログ, プレゼンテーション
-,

Copyright© クアラルンプールで暮らす社長のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.