ブログ プレゼンテーション

プレゼンの目次の効果的な作り方【入念な下準備で強いプレゼンになる】

更新日:

 

プレゼンの資料を作成しているときに

そもそも目次は必要なのか

 

 

もし必要だとするならば

どのように作るのが良いのか

悩んでしまう人は多いです。

 

 

決まったテンプレートなどもないですし

どうすれば効果的な資料が作れるのかというのは

悩みどころですね。

 

 

もちろん目次だけではなく

プレゼン資料を作る目的は

 

 

分かりやすくプレゼンをまとめたい

 

 

ということに

なってくると思います。

 

 

そして、もちろんわかりやすいだけでなく

プレゼンの目的は提案を通すことであることを

忘れてはいけません。

 

 

効果的にわかりやすくまとまっていて

提案が通りやすいように資料を

作っていくことが重要です。

 

 

そこで本日の記事では

論理的に穴のないプレゼンの資料を作るには

どうすればよいのか

 

 

そして、それに伴って

どのように目次を挿入すべきか

まとめていきたいと思います。

 

 

プレゼンの現場では

相手に反論されるのはよくあることです。

 

 

そんな中で、反論にも完璧に答えることのできる

プレゼン資料を作っていきましょう。

 

 

プレゼンの現場においては

反論に完璧に答えることができれば

基本的にあなたの提案は通ります。

 

 

完璧に反論に答えるためには

しっかり論理武装して資料を作りこんでおくことを

おススメします!

 

 

今日の記事を読むと、、、、

 

 

・わかりやすくプレゼンをまとめることができるようになる

・プレゼンに目次を入れる際にそのコツがわかる

・しっかりと全体を網羅した資料を作ることができる

・しっかりと提案を通すことができるプレゼン資料を作れるようになる

・論理的に穴のない提案ができるようになる

 

などのメリットを得ることができます

 

 

なお、この記事を書いている私は

貿易会社経営、ビジネス歴16年、年商2億円の

スモールビジネスの経営者です。

 

 

プレゼンにおいては

頭の中で構成し話すことも多いですが

 

 

重要な場面ではいまだに

自分でしっかり資料を作ってプレゼンします。

 

 

 

その際に重要なポイントや

効果的な資料を作るためのノウハウがありますので

今日はそれをシェアできればと思います

 

 

もちろん、いつの時代でも

使えるノウハウです。

 

 

見栄えの良い資料ではなく

本当にプレゼンに強い資料というものは

 

 

どういうものなのか

伝えることができたらうれしいです。

 

 

実際に現場では見栄えの良い資料を

作ろうとする方も多いですが

 

 

本当に良いプレゼン資料とは

論理的に穴のない、

反論されても明確に答えることが

できるような資料です。

 

 

もちろんプレゼンテーションの現場では

強い資料と入念な準備があれば

 

 

反論されても、

完璧に答えることができます。

 

 

反論に明確に答えることができれば

プレゼンテーションの成功確率は

かなり高くなるといっていいでしょう。

 

 

ぜひ、効果的な資料を作れるように

目次の構成なども具体的に学んでみてくださいね

 

 

1、プレゼンにおいて目次は必要なのか

 

 

これはよくある疑問ですが

目次は基本的にはあったほうが良いものです。

 

 

よほど短いプレゼンなら別ですが

自分が伝えたいことがそれなりにあるなら

目次もつけて構成するほうがいいでしょう。

 

 

そのうえで、資料を作る際のポイントは

論理的に穴がないかどうかです。

 

 

分かりやすいのももちろんですし

面白さなどもあったほうがいいかもしれません。

 

 

しかし、プレゼンにおいて一番重要なのは

論理的に穴がないことです。

 

 

プレゼンというのは何かしらの提案がこちらに

あります。

 

 

そして、それを相手に認めてもらうことが

プレゼンの目的ですので

 

 

一番重要なのは

言っていることを納得して

もらえるかどうかです。

 

 

そして、それは論理的に穴がないかどうかが

一番重要なポイントになります。

 

 

何かしらの反論をされた時には

それに的確に答えることができれば

提案が通りやすくなります。

 

 

面白いプレゼンも個人的には好きなのですが

プレゼンの目的は提案を通すこと

 

 

という認識で

資料を作りこみましょう。

 

 

2、どうすれば効果的なプレゼンの目次を作れるのか

 

それでは、効果的なプレゼンの目次を作るためには

どのように準備すればよいのでしょうか。

 

 

それは、全体の内容をしっかり網羅して

穴のない提案をすることです。

 

 

そして、重要なポイントや

論点ごとに目次を割り振っていきます。

 

 

穴のない提案とは具体的にはどういうことかというと

「それだけなの?」といった

タイプの質問が来ないようなものになります。

 

 

提案に穴があった場合

「それだけなの?」

と反論されるのはよくあることです。

 

  • 農家の人が儲かるように、野菜の直売のアプリを開発したい

⇒それだけなの?あなたのビジネスを通して農家が儲かる根拠は?

⇒それだけなの?どうやって売るつもりなの?
⇒それだけなの?開発費と予想通り利益は?

 

このように、提案に穴があると

たくさん質問や反論が来てしまいます。

 

 

その反論に確実に答えることも重要ですが

事前の資料作りにおいても

できることはしておいたほうが良いですよね。

 

 

そこで、論理的に完璧な資料を作ることができれば

プレゼンの成功率はかなり上がります。

 

 

3、論理的に完璧な資料にする

 

プレゼンの中で反論する人の中には

大きく分けて3つのタイプの人がいます。

 

 

この3つのタイプの人の特徴を

それぞれ認識してうまく対応していきましょう。

 

 

視野が狭い人

 

このタイプの人は、

 

自分の専門分野や

知っていること、

現場で経験していること

 

などしか考えない人です。

 

 

全体像を把握するというよりは

自分の経験に基づいた意見が多いのが特徴です。

 

  • 農業の現場では、

アプリを導入する余裕はないよ

 

  • 農業の現場では

生活で精いっぱいなんだ、

新しいことに取り組む余裕はないよ

 

  • 農業の現場では、農協で十分満足してるよ

直売の仕組みなんで面倒なだけさ

 

など、提案内容の全体像というよりは

特定の分野、特に現場に基づいた観点を

深く掘り下げていく感じです。

 

プレゼンをするときには

現場中心の人がいる場合は

その人の専門分野など

 

特定の知識を

深く掘り下げておいたほうがいいでしょう

 

 

 

視野が広く浅い人

 

これは、管理職の方に

多いのが特徴です

 

 

現場の人ほど深い知識はないのですが

全体を見渡す視野の広さはあります。

 

 

自分の経験というよりは

物事を管理するのに必要な要点だけ

認識しています。

 

 

このタイプの人は視野が広く浅いのが特徴で

そこまで深い内容の反論はきません。

 

  • 野菜の直売アプリの開発って、

詳しい数字は知らないけど

人件費や開発費や

そのほかにもいろいろかかるよね。

 

  • 農業の現場では、

何となく敬遠されそうだね。

 

 

のような感じで、

広い視野を持っている反面

それぞれについてはそこまで

詳しくない感じです。

 

 

このタイプの人には

特定の分野を深く掘り下げる必要はありません。

 

 

考えられる限り広い視野の回答を

準備しておくとよいでしょう。

 

 

視野が広く細かい人

 

これは、いわゆる

プレイングマネージャータイプ

経営者に多いタイプです。

 

 

自分で現場にも立っていて

なおかつ管理職的な視野を

持っている人ですね。

 

 

自分でお金を払って会社を作って

経営しているわけですので

 

 

現場にも経営にも意識があるのは

当然のことです。

 

 

このタイプの人が

プレゼンを聞く側としては

一番強いタイプです。

 

 

 

よく社長が起業したい人のプレゼンを聞いて

その人に融資するみたいなテレビ番組がありますが

 

 

プレゼンの現場での経営者の発言は

本当に強力です。

 

 

経営者がプレゼンの現場で強いのは

広い視野と細かい視点があるからなんですね。

 

 

そして、プレゼンの資料を作るときには

この視野が広くて細かい人を想定して作ります。

 

 

そうすることで

視野が狭い人にも、視野が広くて浅い人にも

すべて対応することができます。

 

 

広い視野で細かく分析してくる人を想定して

資料をつくれば、そればプレゼンとしては一番効果的な

ものになります。

 

 

4、プレゼンの目次は広く細かく作る。

 

というわけで、プレゼンの資料は

広く細かい視野を持った人を想定して作るということですが

目次もそれに対応していきます。

 

 

広範囲で細かく反論が来ることを

想定していますので

 

 

プレゼンの内容を細かく

段落分けしていきましょう

 

 

そして、その細かく区切った目次ごとに

詳細に反論に対する回答をシュミレーションしておきます。

 

 

こうすることで

プレゼンを聞く側も質問しやすいですし

 

 

資料を作っている段階で

考えがまとまってきますので

プレゼンの全体的に良い効果が生まれます。

 

 

6、まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

プレゼンをする際には

もちろんそれを聞いている人がいます。

 

 

そしてどのような反論が来るのか

想定しながら資料を作るわけですが

 

 

それは、視野が広くて細かい人

のみを想定していれば大丈夫です。

 

 

この事前の認識があるだけで

効率的に結果の出やすいプレゼン資料を作ることができます。

 

 

視野が広くて細かい人を想定しているわけですので

もちろん、その資料は細かく段落分けする必要が出てきます。

 

 

その細かく段落分けしたものに

目次をつけてわかりやすくまとめておきましょう。

 

 

このような形で入念に

プレゼンの資料を作っておけば

 

 

適当に作るよりも

はるかに効果的な資料を作ることができます。

 

 

ぜひ、今日の記事のノウハウを生かして

プレゼン資料を作ってみてくださいね。

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

横の理論のプレゼン方法【プレゼンテーション】~vol.37~

 

 

 

-ブログ, プレゼンテーション
-, ,

Copyright© クアラルンプールで暮らす社長のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.