ブログ プレゼンテーション

プレゼンの題材選びは、型にはめて考えるだけ【わりと簡単】

更新日:

 

日々の仕事のあらゆる場面で

プレゼンする必要に迫られたときに

 

 

まず、そのプレゼンの題材が決まらない

といった悩みを持つ方は多いようです。

 

 

いやいや、プレゼンする以上は

題材は先に決まっているものではないのですか?

 

 

という突っ込みが聞こえてきそうですが

現実問題として

 

 

プレゼンをすることになったという段階で

そのプレゼンの題材がうまく決まらない事は

初心者のころにはよくあることです。

 

 

これから作文を書こうと思ったときに

そのタイトルが浮かばず

 

 

原稿用紙1枚目とずっとにらめっこをしている

のとよく似た状況です。

 

 

最初の初動がうまく始まらないまま

作業が止まってしまうんですね。

 

 

 

そこで、今日はある程度のプレゼンであれば

決まった型にはめることで

 

 

題材を決めていくことができるようになるので

そのノウハウを中心にお伝えします。

 

 

プレゼンの題材が決まらないといった

悩みにはとてもお役立てると思います。

 

 

また、プレゼンで何か良い題材がないか探している方にも

今日の記事はお役に立てるはずです。

 

 

プレゼンの題材ということであれば

まるでカンニングペーパーを見てるかのように

決めていけるようになるかと思います。

 

 

自分の意志でプレゼンの題材を

決めることができないといったような

 

 

プレゼン初心者の方に

ぜひ今日の記事を

読んでいただきたいと思っております。

 

 

今日の記事を読むと、、、、、

 

・プレゼンの題材を楽に決めることができる

・プレゼンでは何が良い題材なのかわかる

・型にはめるだけでプレゼンの題材が決まる

・プレゼンの題材を苦労せずに決めることができる

・プレゼンの題材を決めるときのコツがわかる

・前提条件の違いを理解して、題材を選べるようになる

 

 

などのメリットを得ることができます。

 

 

なお、この記事を書いている私は

貿易会社経営、ビジネス歴16年、年商2億円の

スモールビジネスの経営者です。

 

 

プレゼンの題材選びという意味では

日々会社を運営してく中で

 

 

どういった題材にするべきかは

自分で決めるようにしています。

 

 

といっても、そこまで難しいものではなく

相手が何を必要としているか事前に察して

 

 

お互いの前提条件の違いは何か

よく考えるようにしています。

 

 

 

そういったことを考える中で

相手に伝えるべきいこと

相手にプレゼンするべきこと

も見えてきます。

 

 

プレゼンの題材選びというのは

最初のうちはわからないことも多いでしょうし

 

 

何から手を付けてよいのか

分からなくなることだと思います。

 

 

しかし、ちゃんと型にはめながら

相手と自分がプレゼンを通してコミュニケーションするうえで

 

 

足りないものは何なのか

前提条件として知識レベルで違いはないのか

など

 

 

一つ一つ型にはめながら

考えていくことで自然とプレゼンの題材は決まっていきます。

 

 

本日あなたにお伝えするノウハウが

日常のプレゼンを含めたあらゆる仕事の場面で

お役に立ってもらえれば

とてもうれしく思います!

 

 

1、プレゼンの題材は、最初は浮かばないもの

 

まず、大前提として

プレゼンの初心者のうちは、

 

 

プレゼンの題材は

浮かばなくて当然という認識が必要です。

 

 

まだプレゼンの経験の浅いうちから

効果的な題材を見つけてきて、

 

 

非の打ちどころのないプレゼンを行うというのは

無理のある話で

 

 

まずは題材選びから

しっかり型にはめて、進めていくことが大事です。

 

 

 

下手に自己流ですることなく

ちゃんとノウハウ通りに型にはめて

プレゼンすることができるだけでも

 

 

十分プロとして

通用するようになっていきます。

 

 

一番怖いのは、初心者のうちから

自己流で適当にプレゼンしてしまうことですので

 

 

ちゃんとノウハウを学んで

型にはまったプレゼンができることが

最も重要です。

 

 

2、プレゼンの題材は、型にはめて考えると出てくる

 

それでは、具体的にその型にはめるというのは

どういったことなのでしょうか。

 

 

それは、基本的な思考プロセスをさぼらずに

行うことが重要だったりします。

 

 

何も特別なことではなくて

相手に何を伝えるべきなのか

 

 

自分は何をプレゼンすると

相手に一番喜ばれるのか

しっかり時間をかけて考えていくことです。

 

 

そこで重要になってくるのが

 

「相手と自分の前提条件の違いを

埋めていくこと」

 

になります。

 

 

プレゼンは、基本的には

こちらの提案を相手に聞いてもらうことですので

 

 

そのうえで、前提条件となる

知識に違いがあれば話が通じなくなってしまいます。

 

 

前提となる知識に違いがあれば

それをしっかり埋めていくこと

 

 

この作業を細かく行っていくうちに

自然と相手に伝えるべき内容も定まってきます。

 

 

3、プレゼンの題材は、前提条件の違いが分かればすぐに見つかる

 

そこで、プレゼンの題材についてなのですが

これは相手と自分の知識の差を埋める作業から入っていけば

自然と見つかることが多いようです。

 

 

例えば、私はガラス細工の

骨とう品にそれなりに詳しいのですが

 

 

ルネ・ラリックというブランドのガラス細工を

あなたにお勧めしようと思ったとします。

 

 

これは、どう考えても私とあなたの間に

ルネ・ラリックに関する知識の差がありますよね。

 

 

すると、前提となる知識が全然違いますので

まずは

 

ルネ・ラリックとはどういうブランドなのか

ルネ・ラリックとはどういう人なのか

ルネ・ラリックの骨とう品としての価値

ルネ・ラリックの資産としての価値

ルネ・ラリックの本当の美しさ

ルネ・ラリックを輸入する際の注意点

 

 

など、私があなたにプレゼンする内容も

自然と決まってきます。

 

 

要は、この知識の差を埋める作業こそが

プレゼンの導入部分にあたるところで

 

 

プレゼンの題材選びにも

もちろん関わってきますね。

 

 

 

よって、プレゼンを構成するときには

まずこのように

 

 

前提となる知識の違いを

できる限り無くすというところから

入っていくとうまく

プレゼンを考えれるようになります。

 

 

4、前提条件の違いを埋める作業をひたすら行う

 

そして、ここからが具体的な

プレゼンの資料の作成や、各種構成に入っていくところです。

 

 

まずは、先ほどのような前提条件の違いを

ひたすら埋めていく作業をするんですね。

 

 

ここは、少し面倒に感じる部分ですが

ここの作業を丁寧に行うことで

クオリティの高いプレゼンになっていきいます。

 

 

ここで行う作業が

プレゼンの素人とプロを分ける部分でもありますので

 

 

もしあなたが、プレゼンの初心者だたっとしても

ここの作業は丁寧に行いましょう。

 

 

ここの作業の丁寧さ次第で

たとえ素人だったとしても

 

 

プロのような見栄えのプレゼンになるかどうかの

分かれ道になります。

 

 

前提となる条件の違いをここで上手に埋めることができれば

プレゼンの導入としては十分に合格といえます。

 

 

5、石岡の事例

 

私の場合は、この前提条件の違いというものは

かなり意識しています。

 

 

これは、海外生活も長いこともあり

前提となる常識がずいぶんと変わってしまったのも

原因としては大きいです

 

 

前提条件の説明から意識しないと

相手に伝わりにくいことも増えてきており

この辺は特に意識している部分です。

 

 

例えば、私は健康上の理由で

牧草飼育の牛の肉を使った

ステーキをよく食べます。

 

 

そこで、海外のおいしいレストランだと

この牧草飼育の牛が品質が良いことは常識で

 

 

Grass fed(牧草で育ったという意味)

という記載のステーキが人気です。

 

 

しかし、日本では人気のあるお肉は

黒毛和牛が多いかと思います。

 

 

しかし、黒毛和牛は穀物飼育のものが多く

海外の健康志向の人にはあまり人気がありません。

 

 

ただ、味はおいしいので

本当に高品質なものだとかなり重宝されるようです。

 

 

とはいってもそれは例外的なもので

基本的には、牧草飼育の品質の良い

 

 

赤身のステーキが良しとされていて

金額もなかなかのものです。

 

 

牧草飼育の赤身の肉がなぜ良いかというと

肉に含まれるミネラルやたんぱく質などのクオリティがかなり高く

栄養豊富なためです。

 

 

 

また、体を構成する栄養素の中でも

たんぱく質は最も品質の良いものが必要とされます。

 

 

人間の体は主にたんぱく質で構成されるというのもあり

私の体格だと、基本的に一日に1ポンド(450g)

くらいは摂取するほうが良いとされています。

 

 

そして、お肉は品質の悪いものも多いため

健康のことを考えると

より高品質なものである必要があります。

 

 

 

その高品質なお肉は

どういった基準で選べば良いのかというと

、、、、、

、、、、

、、、

、、

 

 

キリがないですね(笑)

 

 

ただ、前提条件がかなり違ってくる場合は

その知識の差を埋めるために一定の時間を使うというのは

必要な作業で、

 

 

そのような作業をしているうちに

プレゼンの内容が構築されていくこともあります。

 

 

前提条件の違いを意識するというのは

プレゼンをする上ではとても重要な作業ですので

今回のように少しマニアックなテーマだと

かなり考えるようにしています。

 

 

6.まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

プレゼンの題材選びといっても

そこまで難しいことではなく

 

 

まずは、前提となる知識の違いを

埋めることから始めてみると

スムーズにいくケースが多いです。

 

 

単純なことですが

効果は絶大ですので是非試してみてくださいね

 

 

そして、私の事例にあったように

前提条件となる知識にあまりにも差があると

 

 

その説明に一定の時間を使ってしまうことも

仕方のないことになります。

 

 

 

むしろその手間を省くことで

相手に伝わらないプレゼンになってしまっては

本末転倒ですので

 

 

この作業は丁寧にすることを

おススメします!

 

 

きっと、プレゼンの構成もよりよくなり

相手に伝わりやすいプレゼンができるようになると思いますよ

 

 

本日も最後までお読みいただき

有難う御座いました!

 

前提条件の違いをなくす【プレゼンテーション】~vol.38~

 

 

-ブログ, プレゼンテーション
-, ,

Copyright© クアラルンプールで暮らす社長のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.