ブログ マーケティング

商品販売で利益を増大させる仕組みづくり【超低コスト】

更新日:

日々ビジネスに取り組んでいく中で

今扱っている商品をもっと効率よく販売したい

というのはよくある悩みだと思います。

 

 

広告費や人件費なども含めて

既存の商品をもっと低コストで販売したい

 

 

結果的に同じ行動でより多くの利益を得たい

というのはビジネスに取り組む人の

ほぼ全員が思うことではないでしょうか。

 

 

そんな中で、無料でできることで

効果的な対策がありますので

今日はそれを紹介したいと思います

 

 

本日お伝えするノウハウはかなり強力で

行動するだけでより多くの利益を得られる仕組みづくりが

できるかと思います

 

 

そして、低予算で

より儲かる仕組みづくりができるようになりますので

 

 

ぜひ本日の記事は行動することを

念頭に置いていただければと思います。

 

 

本当にお得だと思いますので

心からおススメします!

 

 

本日の記事を読むと、、、、

 

 

・商品をもっと効率的に販売できるようになる

・既存の商品を低コストで販売することができる

・商品の利益率が上がる

・無料で効果的な施策を打つことができる

・販売における成約率やリピート率が無料の対策で向上する

・低予算でより儲かる仕組みづくりができる

 

 

などのメリットを得ることができます

 

 

なお、この記事を書いている私は

貿易会社経営、ビジネス歴16年、年商2億円の

スモールビジネスの経営者です。

 

 

もちろん、日々商品を販売していく中で

一個販売するにあたってどのくらい利益があるのかは

すごく入念に確認しています。

 

 

そして、何かしらの対策をすることで

この利益率が上がるなら

できることはすべてやるようにしています。

 

 

本日紹介する手法は

その中でも特に強力なもので

なんと無料で行うことができます。

 

 

しかも、その効果もかなり大きく

ほとんどの人は実践したほうが良いものです。

 

 

本日お伝えするノウハウを

実際に行動に移すことで

 

 

多くの方が

商品販売における利益が大きくなってくれたら

嬉しく思います!

 

 

1、商品を販売する際の利益は増やすことができる

 

ある商品を販売する過程では

必ず販売するためのコストというものがあります。

 

 

お店のテナント代金とか、人件費とか

テナントの光熱費とか、倉庫の維持費とか

 

 

ビジネスを運営するうえで

一定のコストがかかるのは言うまでもないと思います。

 

 

よって、ビジネスでより利益を上げようと思ったら

このコストをなるべくかけずに

たくさんの商品を売ることができれば

利益が上がるわけですね。

 

 

コストの中で何と言っても大きいのは

広告費になるケースが多いのですが

 

 

今日のノウハウでは

この広告費は削減できるようになると思います。

 

 

また、広告費だけでなく

リピート率や客単価など

 

 

あらゆる販売当たりの利益に対して

効果的な施策になりますので

ぜひ実行してみてくださいね。

 

 

あらゆる経費を削減することにつながれば

もちろん利益は増えますし

販売におけるリピート率や

客単価を増やすことができればもちろん利益は増えます。

 

 

できる施策は無料であれば

やっておいたほうがお得なので

この辺はマーケティングを学ぶと

お得なところですね。

 

2、販売ごとの利益は多いに越したことはない

 

これは、当然と言えば当然ですが

もちろん利益は多いほうが良いに決まっています。

 

 

しかし、現実には行動すれば利益を得ることができるのに

その行動ができないという人は多いものです。

 

 

そこで、本日の施策は無料でできますので

ぜひご自身のお仕事に応用できないか考えてくださいね

 

 

本日の記事を読んだことが一つのきっかけで

行動するようになってくれれば

嬉しく思います。

 

 

3、利益を上げるための無料でできる対策から試してみる。

 

これも当然なのですが

より利益を上げたいと思ったときに

 

 

それがお金がかかることであれば

リスクも生まれます

そうすると気軽には試せなくなりますよね

 

 

しかし、利益を上げるための施策、

マーケティングが無料で行えるものであれば

行動しなければ損というものです。

 

 

 

なので、まずは利益を上げたいと思って

具体的な行動を起こそうと思ったら

まずは、無料のものから試してみるといいと思います。

 

 

無料でも効果がないとは限らなくて

ちょっとした手間をかけるだけで

販売の利益が上がったり

ビジネスが効率よくなるのはよくあることです。

 

 

4、物語の要素を入れると効果絶大

 

それでは、ビジネスにおいて利益率を上げる

具体的な施とは何かというと

 

 

それは

 

「商品に物語の要素を入れる」

 

事です。

 

 

これは、最初はピンとこない人も

多くいらっしゃいますので

少し説明いたしますね。

 

 

人に何かを伝えようと思ったとき

それは物語の語り口で伝えるのが

かなり効果的といわれています。

 

 

 

●ある上場企業の創業者の挫折と栄光の物語

●売れない芸人の苦労話と、売れた後の華やかな人生

●ずっと貧乏だった著者が、資産10億円の投資家になるまでの物語

 

 

 

等々、このような物語を一度は

聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。

 

 

結果だけ伝えれば

一行で終わってしまうようなことでも

物語にして長々と説明したほうが

聞き手の印象には残ります。

 

 

また、その物語の中で

感情移入する場面もあり様々な感情を経験します。

 

 

この物語で相手に何かを伝えるというのは

感情を伴うという時点で、ただの広告文章や

商品の説明文とは大きく違いますね。

 

 

そして、この物語の中で商品の魅力を伝えたり

会社の魅力を伝えたりすると

上記の例と同様に聞き手には

しっかりと深く印象付けることができます。

 

 

これは大企業も大好きな

マーケティングですので

日常生活でも意識していれば

よく目にするものだったりします。

 

 

企業のホームページに行くと

大体、その商品の誕生秘話や

創業者の苦労話といったような

商品により興味を持ってもらえるような

物語が用意されています。

 

 

この海洋深層水は〇〇年の歴史があり

人類が生まれるはるか昔からの

大自然の贈り物なんです

 

この車はライバルのアメリカ企業に

日本企業が初めて勝った記念すべき車種です。

我々がアメリカの中でも通用すると確信した記念すべき

商品でもありますね

 

 

 

などなど、短文で書きましたが

このような内容を一つの物語として

アピールするととても効果的です。

 

 

このような物語を作ることは

コストはかからないですし、

聞き手の印象に深く残ります。

 

 

個人でビジネスをしているような方でも

自分のプロフィールを入念に作っておいたほうが良いのも

この要素が大きいです。

 

 

あなたという一人の人間の物語を

相手に上手く伝えることができれば

きっと聞き手はあなたのことを

よく理解してくれるようになるでしょう。

 

 

5、石岡の事例

 

私の場合も例外なく、

この私自身のストーリーというものは

よく覚えられているなと思います。

 

 

特に苦労話などは人の心に響くようで

よく石岡さんは苦労されてても挑戦を続けられるので

尊敬しますといった事を言われたりします。

 

 

ただ、私個人的には

自分の苦労話をするのは

あまり好きではありません。

 

 

なんか、苦労話を延々するよりも

さりげなく上手くいっている

雰囲気を出しているほうが

格好良いと思ってしまうんですね(笑)

 

 

よって、自分の苦労話をすることは

ほとんどないのですが

 

 

それでも聞き手というのは

苦労話のほうをよく覚えていて

話題にされることも良くあります。

 

 

感情移入もある程度されるでしょうし

私のように恥ずかしさを感じる人もいるかもしれませんが

 

 

それでもやはり自分の物語は

語っておいたほうが良いと思います。

 

 

相手にとって、自分という人間が

分かりやすく伝わるのであれば

多少恥ずかしくても仕方がないかなと

私自身も思っています。

 

 

6、まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

ビジネスを運営していく中で

収益を増やそうと思ったときには

 

 

広告費や維持費など

金銭的な負担が多い施策が多いです。

 

 

そんな中で本日紹介した

商品に物語の要素を入れてみるという施策は

無料でできる割には効果が高いことを

ご理解いただけましたでしょうか。

 

 

物語の要素を使った戦略は

ビジネスの戦略に一定の経費や労力を使っている

大企業であれば確実に実践しているケースが多いのも

大きな特徴でした。

 

 

また、個人や中小企業においては

単に手が回っていないかマーケティングに

不足しているだけで

基本的には誰がやっても

一定の効果がでるというのも

このマーケテングの嬉しいところです。

 

 

今までこの物語の要素を取り入れていなかった人は

ぜひ取り入れてみてくださいね

 

 

また、このマーケティングは

特定の商品だけでなく

 

 

サービスや、個人のブランディングなどにも

とても効果的です。

 

 

このマーケティングを取り入れることで

あなたのビジネスが進化しましたら

とても嬉しく思います!

 

 

最後までお読みいただき

有難う御座いました!

 

商品にストーリーの要素を組み込もう【マーケティング】~vol.44~

 

-ブログ, マーケティング
-, ,

Copyright© クアラルンプールで暮らす社長のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.