ブログ マーケティング

売れる販売員が気を付けている必須ノウハウ【期待感で販売する手法】

更新日:

 

日々、販売の現場で商品を販売していると

効率よく商品を販売したいという悩みが

出てきます。

 

 

これは、当然と言えば当然で

同じ商品を販売たとして、同じ利益を得るのであれば

その効率は良いに越したことはないですよね

 

 

なので、効率よく販売活動をするべきだというのは

販売員のほぼ全員が同意していただけることだと思います。

 

 

そのうえで、売れている販売員のノウハウを

参考にするというのは

とても良いことです。

 

 

販売の効率というものは

なにかオリジナルのノウハウがあったり

長い修行の末にやっと取得できる

というものでもなく

 

 

むしろ、そういう販売の極意のような

ノウハウというのはほぼなかったりします。

 

 

学べばすぐ実践できるものが多いので、

できるだけ多くの成果の出るノウハウを

学ぶのが良く

 

 

日々実践していく中で

その複数のノウハウを身に着けていくという

イメージです。

 

 

ノウハウを学んで実践というのを

1年以上、毎日実践していれば確実に学ぶ前よりも

成果が出るようになっています。

 

 

努力が結果につながりやすい分野ですので

ぜひ取り組んでみてくださいね。

 

 

 

本日の記事では

そんな販売ノウハウの中でも

とても効果的なものになっていますので

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

本日の記事を読むと、、、、、

 

・商品を効率よく販売できるようになる

・売れている販売員のノウハウを学ぶことができる

・トップセールスマンを目指すことができる

・売れる販売員を量産する仕組みを構築できる

 

などのメリットを得ることができます。

 

 

なお、この記事を書いている私は

貿易会社経営、ビジネス歴16年、年商2億円の

スモールビジネスの経営者です。

 

 

販売活動において商品をたくさん販売したいというのは

ほぼ全員の現場の人が思っていることですね。

 

 

そんな中でも、結果の出る販売員と

結果の出ない販売員がいますので

なかなかシビアな世界だなと思います。

 

 

私自身は販売活動全般は得意ですので

サラーリマン時代も、経営者になってからでも

販売活動はかなり得意なほうだと思います。

 

 

そして、これは経営者になってからの事なのですが

他人をマネジメントするようになって

どのような人が売れる販売員になるのか

 

 

売れる販売員になってもらうには

どのような仕組みを作ればよいのか

というのは

ずいぶんとノウハウを構築することができました。

 

 

本日の記事ではそんな中でも

より役に立つノウハウをお伝えできればと思っています。

 

 

本日の記事があなたの販売活動において

少しでもお役に立てましたらとても嬉しく思います!

 

 

1、売れる販売員にはかなりの共通点がある

 

商品をたくさん販売することができる

販売員にはたくさんの共通点があります。

 

 

売れる販売員と一言で言っても

そのタイプは様々だと思われがちです。

 

 

しかし、実際のところは売れる販売員は

かなりの共通点があって、似たようなタイプの人が多いです。

 

 

その共通点とは、簡単に言うと勉強熱心な事で

たくさんの商品を販売活動で売るために

自分の経験だけでなんとかしようとはしません。

 

 

 

日々、身近な人で結果が出ている人などから

どういう風にすればよく売れるようになるのか

学んでいるようなタイプが

売れる販売員になっていることが多いです。

 

 

2、売れる販売員になりたければ、とにかく真似をする

 

そして、この真似をするというのが

販売の現場でノウハウを学ぶ上でとても重要なことになります。

 

 

「真似る」のというのは

「学ぶ」の語源になっていることでも有名ですね。

 

 

とにかく結果が出ている人を

身近の人やインターネットなどで見つけてきて

その人が結果が出たノウハウを

徹底的に真似してくということが重要です。

 

 

3、売れる販売員を量産する研修の仕組みはシンプル

 

そして、自分が販売が上手になってくると

部下の育成を頼まれたりするものですが

 

 

その部下を育成する仕組みも

基本的には自分が学んだノウハウを伝えていけば

ある程度の結果は出ます。

 

 

販売のノウハウは、

実戦経験の中で身に着けるものなのですが

毎日意識して実践していれば

ほとんどの人は身に着けることができます。

 

 

販売のノウハウを身に着けたら

あとはそれを人に伝えていくことで

仕組み化していく

 

 

この流れは、現場の責任者でも

経営者でもやることは同じですね。

 

 

効率よく販売できる現場を作るのには

多少の時間はかかりますが

真面目に取り組んでいれば

確実に成果に結びついていきます。

 

 

4、期待感で販売する手法とは

 

そして、この自分自身が販売員として

成長するうえで

 

 

もしくは、売れる販売員を育成していくうえで

効果的なノウハウが

 

「期待感で販売する手法」

 

になります。

 

 

これは上手にできると

かなり儲かるノウハウでもありますので

ぜひ学んでみてくださいね。

 

 

期待感で人に何かを購入してもらうとき、

基本的にはかなり高額な商品でも

販売することができます。

 

 

例えば、不動産の販売をするなら

港区六本木のタワーマンションの最上階のペントハウスを

購入できれば価値が上がる可能性があります。

 

 

しかし、当然金額も高いですし

物件を購入する人は相当な勉強をしないと

購入判断をすることはできません。

 

 

仮に不動産の価値は上がるにしても

最初の購入の段階で

転売している人に

回収不能なくらい高額を提示されているかもしれません。

 

 

そして、都心のタワーマンションの最上階は

その物件が欲しいという人が現れるまで

利益確定の時期が読めないという難点もあります。

 

 

 

しかし、その物件がよほど魅力的であれば

法外な値段を払っても欲しいという人は

ほぼ確実に表れてくれます。

 

 

投資で回収とかそういう感覚ではなく

この物件が欲しいから買うという人が現れると

値段は関係なく気前よく購入してくれます。

 

 

そして、実際にタワーマンションの最上階は

そのような展開が期待できる部屋が多いので

投資目的の人にすぐに売れていくんですね。

 

 

購入価格より高く売れるという

期待感があるからこそ、

高額な不動産でも簡単に売れてていきます。

 

 

そして、この期待感で販売する手法で

最も重要なポイントが

「信頼」になります。

 

 

タワーマンションの最上階の場合は

住友不動産とか、大京不動産とか

会社自体にすさまじい信頼があることが

前提になります。

 

 

そして、それらの会社であれば

さすがに価値のない建物はつくらないし

入居者へのフォローなども間違いなくやってくれるだろう

というのがあります。

 

 

この揺るぎない信頼があるからこそ

高額な商品でも飛ぶように売れていきます。

 

 

しかし、期待感で商品を販売したときは

その信頼を裏切ってしまうと

とんでもない損失が出てしまうという

事があります。

 

 

当然と言えば当然なのですが

六本木のタワーマンションの最上階といって

転売業者が不動産を販売して

 

 

実際に物件を受け取ったら

浅草のタワーマンションだったとします。

 

 

その後、その転売業者は2度と同じ業界で

商売できないほどの信頼を失います。

 

 

そんな信頼を失うようなことはしない

と思う人は多いのですが

 

 

これがもっと少額の商品であれば

ついやってしまう人は多いです。

 

 

人に将来を期待してもらって

その商品を販売すれば

期待の分だけたくさん販売することができるですが

 

 

その期待を裏切る結果になったときには

大きな傷を負ってしまいます。

 

 

この手法で販売活動をするときは

絶対に期待を裏切らないというのが

鉄則になっています。

 

 

その分、期待に応えることができるような

商品であれば、期待の分だけ大量に商品を販売することが可能です。

 

 

上手にできるとかなり効果的なノウハウですので

ぜひ実践してみてくださいね。

 

 

5、石岡の事例

 

私の場合は、東南アジアの経済成長に

大いに期待しています。

 

 

そして東南アジアはインフレ率というのが

とても高く、実際に現在進行形で経済が成長しています。

 

 

そんな中私は、東南アジアの銀行に

貯金しているのですが

銀行の金利がなんと4%もつきます。

 

 

これは大変ありがたく、

積極的に預金しているんですね。

 

 

しかし、銀行にはペイオフという制度があり

もしその銀行に何かあった場合には

その預金額は保証されず、没収されてしまします。

 

 

ただ、さすがにそれは1年以内にはなさそうだ

ということで

 

 

毎年1年間の定期預金に

預金するようにしています。

 

 

もちろん、銀行や国を信頼し

大いに期待しているからこそ預金を預けている

ということになりますね。

 

 

これは経済成長に期待しているからこそ

お金を預けているわけですし

 

 

その期待に国と銀行は

毎年、預金金利という形で答えてくれます。

 

 

6、まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

販売の現場でより多くの商品を販売するノウハウについて

伝わりましたでしょうか。

 

 

売れる販売員にはたくさんの共通点があり

その共通点を真似して学んでいけば

誰でもある程度、販売が上手になります。

 

 

 

そして、これは部下の育成や

事業の仕組み化においてもとても大事なことでした。

 

 

そして、そのたくさん商品を販売する手法として

「期待感で販売する」

というのがありました。

 

 

この手法は、失敗すると信頼を失う反面

期待に確実に答えることで、

かなり大きな利益が得られる手法になります。

 

 

多少のリスクを感じる方もいるかもしれませんが

誠実に商売していれば大丈夫です。

 

 

大きな結果が出ると思いますので

ぜひ実践してみてくださいね。

 

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

期待感で販売する手法【マーケティング】~vol.59~

-ブログ, マーケティング
-, ,

Copyright© クアラルンプールで暮らす社長のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.