ブログ マーケティング

広告のクリック率を上げる具体的な施策【劇的に改善できます】

更新日:

 

ビジネスを運営していると、
集客のために、広告というものは必ず必要になってきます。

 

そこで、せっかく苦労して広告を打ったのに、
全然クリックされないということはよくあることです。

 

しかも、せっかく苦労して広告を打ったのに
赤字になってしまっては、かなりテンション下がると思います。


そこで今日は、実際に

広告のクリック率を上げるためにはどうすればいいのか
まとめたいと思います。

 

また、クリック率を上げるだけでなく
広告の成約率を上げたり、

 

広告の単価を下げたりできる
具体的なノウハウも記載したいと思います

 

まだ広告を打ったことがないという初心者の方も
今日のノウハウを実践することで、

 

成功率がかなり上がりますので
ぜひ実践してみてることをおススメします!

 

今日の記事を読むと……

 

・広告でクリック率を上げる具体的なコツがわかる
・クリック率が上がると同時に、成約率も上がる
・クリック率も成約率も上がるのに、広告単価は下げることができる
・ビジネスを効率よく、運営することができる
・広告費を劇的に下げることができる
・初めて広告打つ方でも結果が出やすい


などの効果を得ることができます

 

なお、この記事を書いている私は
貿易会社経営、ビジネス歴16年、年商2億円の
スモールビジネスの経営者です。

 

このような、効率の良い広告活動は
日々実践していますので、

 

ライターの方がまとめた実践していない理論ではなく
行動により学んでおります。

 

きっとお役に立てるノウハウを
お伝えできると思います!

 

1. 広告でクリック率を上げる施策はコレだけ!


まず結論から言いますと、


広告のキャッチコピーを工夫するだけで

クリック率は確実に上がります。


広告の文章とか、オファーの内容や

魅力的なフロント商品など、

 

考えることは細かく言えばたくさんありそうですが
一番効果的なのはキャッチコピーを工夫することです。


なので、ほかの施策に比べて労力は少ないのですが

実際の効果は一番ありますので
この施策はとても効率が良いと思います。

 

では、キャッチコピーを工夫するとは
具体的にどうするのかというと


「特定のターゲットに絞ったキャッチコピーに変更すること」


です

 

例えば、健康食品を販売するのでれあば

 

健康になりたい全ての人へ
みたいなキャッチコピーではなく

 

20代の健康になりたい女性の方へ
30代の男性で肌荒れが気になる方へ
スポーツで頑張るお子さんのための食事レシピ

 

など、対象となる人を
どんどん絞っていきます。

 

そして、実際にその対象の人に購入いただけるように
広告文なども修正していく感じです

 

せっかくい商品を作ったんだから
多くの人に手に取ってもらいたいとか

 

対象顧客が多いほうが
女性にも男性も売れるし儲かるはずだと
思ってしまいがちですが

 

広告のクリック率や
あとで解説する成約率などの数字も

 

この特定のターゲットに絞った広告のほうが
圧倒的に高くなります。

 

 

よって、まずは
特定のターゲットに絞ったキャッチコピーを作って

 

特定のターゲットに向けて
販売することを抑えておいてくださいね。

 

2.インターネット広告の一般的なクリック率

というのも、インタネット広告というのは
クリックする人が異常に少ないという特徴があります。

 

あなた自身の体験でも
思い出してみてください

 

広告が目に留まっても
それを実際にクリックすることは
ほぼないのではないでしょうか。

 

これには統計上の数字が出ておりまして
この数字を知っているだけでも、
大きな気づきになると思います。

 


実際にインタネット広告をクリックする確率ですが

一般的には、0.1%と言われています。

 


1000人に一人しか

広告をクリックしないんですね。

 

 

よって、ほとんどの人がクリックしないのであれば
少しでも注目してもらえるように工夫する必要があります。

 

ここで、誰にでも当てはまるような
キャッチコピーだと

 

それほど気にならないので
クリックしてもらえないんですね。

 

私も、
「健康になりたい全ての人へ」

 

と言われるよりも
「30代で熟睡するために必要な食材の生はちみつをお探しの方へ」

 

と言われたほうが
クリックしたくなります。
(※実際に生はちみつを練る前に飲むと安眠効果があります)

 

誰にでも売れるようなキャッチコピーではなく
見た人がこれはクリックしておこうと思うような

 

具体的なターゲットであるほうが
注目してもらえるという訳です。

 

これについては、多くの方が思っているよりも
効果があり、

 

実際にクリック率でいえば
0.2~0.5%なんかも十分に可能になります。

 

小数の世界なので少なく見えがちですが
広告の効果が2倍~5倍も見込めるということです。
これは本当に効果的です

 

3. 広告のクリック率が上がるだけじゃなく、成約率も上がる

 

そして、特定のターゲットを絞った広告には
もう一つ素晴らしい効果があります

 

それは、成約率も確実に上がるんですね。

 

健康になりたい全ての人へというキャッチコピーを見て
広告をクリックした人よりも

 

「30代で熟睡するために必要な食材の生はちみつをお探しの方へ」

 

といわれて広告をクリックし人たちのほうが
どう考えても購入率が上がります。

インターネット広告はクリックごとに課金されるわけですから
成約率が高いということは

 

少ないクリック(少ない費用)で
たくさん商品を売ることができるということです。

 

 

4. しかも広告単価は下がる

 

これは本当に素晴らしいことで
クリック率が3倍になって、

 

成約率が5倍になれば
実に15倍の効果を一回の広告で得ることができます。

 

すごく大きな数字ですが
これは実際によくあることで、

 

マーケティングノウハウ一つで
結果が劇的に変わる典型的なケースだったりします。

 

広告の効果が上がると言ことは
もちろん広告単価、費用対効果も上がります。

 

4.実際は広告のクリック率を上げるために、対策されていないことが多い

 

とても短単純なノウハウですが
実際の広告の場面ではこの手の施策がされていないことはよくあります。

 

明らかに40代~60代の方に宝石を売る広告なのに
「女性に生まれてよかった、最高の人生を」
みたいなキャッチコピーが平気で使われていたりします。

 

これでは、
クリックにつながりにくいですね。

 

「純金、プラチナ製のアクセサリをほぼ原価で提供!おしゃれしながら資産管理!」

「ダイヤ入りのロレックスで税金対策!」

 

という趣旨なら、
若い女性がおしゃれ目的で買うのではなく

 

資産を持っている女性向けにターゲットが絞られますので
実際にクリック率と成約率は上がると思います。

 

(※すこし下品すぎるので、実際はもっと会社のイメージとか考えます。
例としてわかりやすくストレートな表現にしてみました。)

 

5. 広告費が劇的に下がる

 

これも今回のノウハウの隠れたメリットになります。

 

広告の対象が絞られるので、実際の顧客対象でない方からの
クリックが劇的に減るんですね。

 

そうすることで、
無駄な広告費を大幅に削減できます

 

 

広告とは、そもそも見た人すべてが
お客様になるようなものではないのですが

 

それでも、
経費は削減できたほうがいいですよね

 

広告費を劇的に下げることができれば
その分の利益が確保できますので
また広告を打つことができます。

 

広告がうまくできれば
会社としてはとても良い循環が生まれます。

 

広告については徹底的に分析して
最も効果のあるものを採用していく
そして常に改善に最高の広告を打ち続ける

 

これができれば
どんな会社でも利益率の高い経営をすることができます。

 

これについては
言うのは簡単で実際はかなり奥が深いのですが

本日のノウハウを実践することで
それなりにプロに近づくはずです。

 

6.初めて広告を打つ方へ

 

そして、これは会社の経営者だけでなく
個人の方もぜひ実践することをおススメします。

 

インターネット広告は数百円とかでも
簡単に打つことができますので、

 

自分なりに工夫して広告を使ってビジネスを展開させる
お金を稼ぐというのは、かなり重要なスキルです。

 

中小企業の経営者の方でも、
広告に詳しくない方は多く

 

集客が何らかのきっかけでうまくいかなくなったとき
会社も倒産してしまうというケースはよくあります。

 

この広告のスキルの重要性を理解し
少しでも実践してみることで
将来的に大きく稼げるようになったり

 

安定して
長く稼げるようになったりします。

 

 

7.まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
いろいろな視点から書いてみましたが、

 

「特定のターゲットに絞ったキャッチコピーで広告を打つ」

 

これだけで、10倍以上の広告効果が出ることは
本当によくあることだったりします。

 

実行するのは簡単ですので
ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

また、インターネット広告は
新聞や雑誌などと比べても

 

かなり少ない金額で始めることができますし
実際に高い効果を出すこともできます。

 

広告というと難しそうで
取り組むことを後回しにしてしまう人も多いと思いますが

 

広告=集客ですので
ビジネスにおいては非常に重要な部分になります。

 

今日の記事のような広告スキルを
ぜひ日々のお仕事の中で使ってみてくださいね。

 

ここまで読んでいただき有難う御座いました。

 

今日の字記事を読むことで
あなたが少しでも成長されることを願っております!

 

広告のクリック率を上げる具体的な施策【マーケティング】~vol.29~

-ブログ, マーケティング

Copyright© クアラルンプールで暮らす社長のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.