ブログ マーケティング

販売の声かけには決まったルールがある【成約率が確実に上がるノウハウ】

更新日:

 

販売にかかわるお仕事をしていると

販売の時にどのように声をかけていいのか

分からなくなる時があります。

 

 

特に新人の方に多い悩みですが

意外と経験が長い方も

声かけはなんとなくしているという方が

多かったりします。

 

 

これはとてももったいないことで

販売の際の声かけはしっかりとしたノウハウがあります。

 

 

そのノウハウを実践するだけで商品の成約率が上がったり

お客さんのリストが取れたりするものです。

 

 

また、販売の声かけのノウハウは

マニュアル化して、ビジネスに一つの型として

取り入れることができます。

 

 

なので、現場の人だけなく

その経営者や管理職の方にもぜひ学んでみることを

おススメします。

 

 

本日のノウハウがあなたにとって

お役に立てる者でしたらとても嬉しく思います!

 

 

今日の記事を読むと、、、、

 

 

・販売の時のどのように声をかければよいのかがわかる

・販売の声かけでファーストアプローチが上手くできるようになる

・声かけをした後の成約率もしっかり上げると都ができす

・商品の成約につながる効果てきな声かけを身に着けることができる

 

 

などのメリットを得ることができます。

 

 

なお、この記事を書いている私は

貿易会社経営、ビジネス歴16年、年商2億円の

スモールビジネスの経営者です。

 

 

商品を販売する際に

声かけをする場面があるお仕事も

世の中多い訳ですが

 

 

意外と感覚で

やってしまっている人が多いです。

 

 

街を歩けば、商品のビラを配っていたり

居酒屋の案内をしていたり

声掛けを仕事としてやっている人に会うことは

結構多いのですが

 

 

多くの人はせっかくの機会を逃しているなと

思います。

 

 

また、少しだけ工夫するだけで

話を聞いてもらえる確率も上がるし

実際に商品が売れる確率も上がるのに

もったいないなと思います。

 

 

 

本日は、販売における声かけに関して

ちょっとしたコツを押さえるだけで

成果につながるノウハウがありますので

それをお伝えしようと思います。

 

 

私自身もこのノウハウで

ビラ配り的な仕事はかなり得意ですし

 

 

ビジネスの仕組みづくりにも生かせるので

仕事のマニュアルに入れたりしています。

 

 

本日のノウハウが

あなたにとってお役に立てるものになりましたら

とても嬉しく思います。

 

 

1、販売の声のかけ方には決まったルールがある

 

まず一つ最初に認識しておくとよいのが

販売の声のかけ方には決まったルールを作っておくとよい

ということです。

 

 

いらっしゃいませと何となく

声かけして、

 

 

あとはお客さんからの

問い合わせを待つなど

 

 

特に何も意識せずにこの最初の時間を過ごしてしまうのは

とてももったいないです。

 

 

人は第一印象で

その後の関係性が決まると言われていますが

まさにその通りで、

 

 

販売の声かけはお客さんからの

販売員の第一印象に大きく影響します。

 

 

なので、この最初の段階で

どのように声をかけるべきなのか

 

 

かなり細かくルールを

作っておくと良いと思います。

 

 

声のトーンは高くする

お辞儀は45度の角度までちゃんとする

最初の挨拶はこんにちはで統一する

身だしなみは、黒で統一する

必ずネクタイをして背筋を伸ばしてから声掛けする

 

 

などなど、業種によって

いろんなケースがあると思いますが

まずはこのような細かいルール決めから

取り組んでいくと良いと思います。

 

 

とても大事な第一印象なのに

不機嫌そうな顔で、小さい声で下を向きながら

声かけをしてしまったら

売れるものも売れなくなってしまいます。

 

 

そんなことしないだろうと

思ってしまいがちですが

意外と人は無意識に第一印象を悪くするような

態度をとってしまうものです。

 

 

ましてや、販売員が複数いるような

現場であれば

 

 

だれか一人は

先ほどの悪い例に該当してしまうものですよね。

 

 

なので、まずは声のかけ方に関して

細かいところまで徹底的にルール化しておくのが

良いと思います。

 

 

2、販売の声かけの時には、基本的な対策は事前に済ませておく

 

そして、その次に重要なのが

基本的な対策は事前に済ませておくということです。

 

 

販売活動における声かけの目的は

もちろん商品の販売をすることです。

 

 

目的がはっきりすれば、そのために必要なことがあれば

すべて対策しておくのがいいですよね。

 

 

●商品を販売するためには

清潔感のある服装にするべき

 

●商品を販売するためには

声のトーンを高めにしておくべき

 

●商品を販売するためには

笑顔で接客するべき

 

 

そのほかにも、販売する商品によって

準備しておくものは様々ですが

できることは事前に済ませておくということは

とても重要なことです。

 

 

販売の効果的なノウハウが知りたいと思い

調べてみても

 

 

劇的に成約率の上がる対策を一個だけすれば

商品がたくさん売れる

みたいなノウハウは

なかなか存在しないものです。

 

 

そういう夢のようなノウハウを探すよりも

できる限りの準備をして

たくさん対策しておくほうが

おススメです。

 

 

事前に準備できるのにしていない事

というのは意外とたくさんあるものですので

 

 

自分にできることを

しっかりリストアップして

できる限りの準備をしておきましょう。

 

 

こういった準備が、実際の販売の

場面で成約率に大きく影響したりするものです。

 

 

3、販売の声かけの目的は商品を販売すること

 

そして、ここでもう一度確認しておきたいのは

販売における声掛けの目的は

商品を販売することです。

 

 

当たり前のことのようですが

実際の仕事の現場では

 

 

上司に命令されたからとか

仕事だから時給をもらうために

適当にやっておこうとか

 

 

お客さんと話をするのが楽しいから

楽しく声掛けできればいいやとか、

 

 

本来の目的とは

ぜんぜん違うことをしてしまったり

するものです。

 

 

販売における声掛けの目的は

全員共通しているはずで

それは、商品を販売することですね。

 

 

目的とは関係のないことをうっかりしてしまうのも

販売のお仕事には意外とよくある話ですので

ここはしっかり認識しておきましょう!

 

 

4、信頼性をできる限り演出する

 

そして、この販売の声かけにおいて

事前の準備で意識すると効果的なのが

 

「信頼性を演出する」

 

ということです。

 

 

これは、マーケティングの際に

とても重要な視点で、

信頼性をできる限りアピールすれば

それは商品の成約率に大きく影響するんですね。

 

 

人はいつでも信頼のおける人から

物を買いたいと思います。

 

 

高額品であればそれはなおさらで

友人の紹介だから高額な化粧品でも購入するとか

 

 

保険の製品は、種類が多すぎてどれがいいのか把握できないから

信頼のおける人の紹介でないと購入しないとか

 

 

多くの人は

そのような基準で商品を購入するものです。

 

 

よって、商品を販売するあなたが

どれほど信頼できる人物なのか

できる限りアピールすると商品がよく売れるようになります。

 

 

路上で声掛けをして

エステのサービスを受けてもらい、

そのあと化粧品を購入してもらう

といったようなビジネスモデルはよくあるのですが

 

 

これは、販売の声かけをする人が

美人で肌がきれいであれば

それだけで信頼性がありますね。

 

 

そのうえで、

40代以上の主婦がお客さんであれば

 

 

販売する人も、

実年齢が45歳だけど、

30歳くらいに見える美人な人

のほうが、圧倒的に信頼されます。

 

 

もちろん、その時点で商品の成約率は

大きく伸びると思います。

 

 

逆に、50歳くらいに見える

実年齢も50歳のおじさんが同じ商品を販売しても

なかなか商品は売れないと思います。

 

 

 

たった一つの違いですが

この違い一つでビジネスの利益には

大きな差が出ることでしょう。

 

 

少し余談ですが、化粧品やエステなどの美容商品は

上記のような理由で、

 

 

きれいな女性か、

オネエ系の美意識が高い人

に圧倒的な実績があり

 

 

商品をたくさん販売できる

いわゆる美容系のインフルエンサーは

 

 

だいたい、

きれいな女性か、

オネエ系の美意識が高い人

になっています。

 

 

男性の成功例は

極めて稀なケースといえますので

すこし特殊な市場とも言えますね。

 

 

5、石岡の事例

 

私の場合は、信頼性という意味で

このブログの記事の内容はかなり意識しています。

 

 

この記事は、もちろん無料で読むことができますが

それでも読んでもらう以上は

 

 

日々信頼関係を

積み重ねていけるのが良いと思っています。

 

 

そのうえで第三者に読んでもらうことを

前提に書いていますので

 

 

どうすればより読者さんに信頼してもらえるか

日々意識しています。

 

 

そこでこのブログの記事の内容なのですが

マーケティングやプレゼンテーション

コピーライティングなど

 

 

ビジネススキルに関係することを

テーマにたくさん記事を書いています。

 

 

もちろん、本人が記事を書きますし

動画の音声も本人がアドリブで話しています。

 

 

記事数がたまっていくにつれて

それぞれのビジネススキルに関して

かなり長い時間お話しして、

文章も大量に書いていることになりますね。

 

 

そして、ビジネススキルというものは

ちゃんと自分で実践していない事には

話すにもさすがに限界が来るものです。

 

 

しかし、私の経営者、ビジネスマンとしての

経験値はそれなりにありますので

実際にほぼ無限にお話しするおこができます。

 

 

 

16年間、会社を経営し、

かつ増収させ続けていますし

 

 

個人としても成長し続けることが

できていると思っています。

 

 

結果として、海外に法人を所有していますし

それなりに資産も形成できています。

 

 

自分が日々経営の現場で

成長し続けていますので

 

 

動画で話すこと、ブログの記事に書くことは

私が現役であり続ける限りは

問題なく続けることができるんですね。

 

 

つまり、日々コンテンツを上げ続けることで

それなりにビジネススキルがありかつ実践していることの

裏付けになっていくとも言えます。

 

そしてそれは、ある程度は信頼性に

つながっていくと思っています。

 

 

6、まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

販売の声のかけ方を工夫するだけでも

ビジネスにおいてとても効果的であることを

解説させていただきました。

 

 

販売の声かけには

決まったルールがあること

 

 

また、そのルールを徹底することで

販売の効率も上がりますし、

 

 

これは現場の人だけでなく

経営者の方にとっても大いに役に立つ

内容でした。

 

 

また、販売の声かけのルール作りでは

いかに基本的な対策を事前に済ませておくかが重要でした。

 

 

簡単なことでも

対策するだけで明らかに効果のある事というのは

意外と実際の現場では行われていなかったりします。

 

 

明らかに効果のあることは

やったほうが結果につながっていきますので

この事前の対策というのもとても重要でしたね。

 

 

そして忘れてはならないのは

販売の目的は商品を販売することでした。

 

 

当たり前のことのようですが

販売の現場では意外とこの目的を忘れて

見当違いのことをしてしまう人がいるものです。

 

 

そういったことを

無くすためにも、しっかり明確な目的意識をもって

現場の環境を作ることが大事でした。

 

 

そして、その販売の成約率を上げるうえで

おススメしたいのが、

 

信頼性をできる限り演出する

 

というマーケティングスキルです。

 

 

これは、マーケティングスキルというよりは

当たり前の心がけのように

聞こえてしまうこともあります。

 

 

しかし、販売の現場ではこの信頼性を

できる限り構築するという現場の努力が

おろそかになりがちです。

 

 

商品の販売において

その商品や企業、販売員などの

信頼性は売り上げに直結するかなり大事な要因です。

 

 

この信頼性というものはできる限り高めるべきで

そのためにできることはできる限り行っておきましょう!

 

 

本日のノウハウがあなたの

お仕事に少しでもお役に立てましたら

とても嬉しく思います!

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

 

 

 

-ブログ, マーケティング
-, , ,

Copyright© クアラルンプールで暮らす社長のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.