ブログ マーケティング

販売チャネルで採用すべき効果的な施策【切迫感を与える】

更新日:

 

商品を販売する際に

店舗を構えたりECサイトを立ち上げたりしてみると

 

 

店舗を構えてみたものの

思うように販売ができない

という悩みを持つことがあります。

 

 

ECサイトのアクセス数があるのに

商品が思うように売れないというのも

同じような悩みですね。

 

 

実際にこのような販売の場を設けると

少なからず維持費もかかってきます。

 

 

店舗の維持費が売り上げで回収できなければ

当然赤字になりますので

これは経営者にとってはとても怖いことです。

 

 

日々赤字のリスクにおびえながら

店舗の経営をする経営者は少なくありません。

 

 

そんな中で、

せっかく来てくれたお客さんに

効果的に商品を販売するには

どうすればよいのか

今日の記事ではお伝えしようと思います。

 

 

来てくれたお客さんが確実に商品を買ってくれれば

店舗にとっては確実にプラスの影響がありますので

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

今日の記事を読むと、、、、、

 

 

・一度来てくれたお客さんに実際に商品が売れる確率が高くなる

・ECサイトのアクセス数が少なくても売り上げが上がるようになる

・店舗の維持費以上に売り上げを上げることができるようになる

・商品の販売の効率が良くなり、店舗の利益率が上がる

 

 

などのメリットを得ることができます。

 

 

なお、この記事を書いている私は

貿易会社経営、ビジネス歴16年、年商2億円の

スモールビジネスの経営者です。

 

 

実際に商品を販売する際には

もちろん店舗やECサイトの維持費がかかります。

 

 

ほかにも規模が大きくなると

人件費がかなりの負担になることもあります。

 

 

私の場合は、クラウドソーシングや

外注さんをよく使うので

コストはかなり抑えているほうですが

 

 

それでも、店舗やECサイトの規模が大きくなってくると

維持費は本当に大きな金額になりますね。

 

 

 

その最低限の維持費を

売り上げで補填しなければならないので

 

 

店舗は規模が大きくなってくると

収入が増える半面、プレッシャーも

なかなかのものになってきます。

 

 

それでも、店舗の規模が大きくなって

マーケティングの戦略が上手くはまると

本当に大きな利益が上がります。

 

 

やはり、どんなビジネスでも

それなりのリスクと規模感はあったほうが

結果は出やすいものですね。

 

 

そんな中でも、本日お伝えする戦略は

お客さんの数やアクセス数をなるべく効率よく

売り上げにつなげるものです。

 

 

あらゆるビジネスに応用できますので

ぜひ学んでみてくださいね。

 

 

本日の記事が少しでも

あなたのビジネスのお役に立てましたら

とても嬉しく思います!

 

 

1、販売チャネルとはどういう意味か

 

まず、販売チャネルという言葉が

あまり定着していない場合もありますので

簡単に説明しておきますね。

 

 

販売チャネルとは

専門用語といえば専門用語で

マーケティングの際によく使われる言葉です。

 

 

ただそこまで難しい意味はなくて

簡単に言うと商品を販売する場所のことです。

 

 

商品を販売する店舗や

ECサイトが販売チャネルということになりますね。

 

 

ほかにも、流通チャネルとか

チャネル選択とかよくチャネルという言葉を使いますが

 

 

これも簡単に言うと

「場所」という意味になります。

 

 

現場では、よく共通言語になっていますので

確認しておきましょう

 

 

2、販売チャネルで意識すべきは経費と利益の数字

 

では、販売チャネル、つまり商品を実際に販売する

店舗やECサイトで意識するべきポイントは何かというと

 

 

それは、もちろん

儲かっているかどうか、つまり利益ですね。

 

 

そして、もう一つかなり意識するのが

経費の金額です。

店舗の場合はもちろん家賃や人件費ですね。

 

 

これは小規模で家族経営のビジネスであれば

そこまで経営に影響しませんが

実店舗をそれなりの規模で経営すると

かなり大きな金額になってきます。

 

 

利益が出ていればよいというわけでもなく

この経費と利益のバランスを常に意識しながら

経営していきます。

 

 

そして、意外と認識されていないのが

ECサイトの維持費です。

 

 

少し話がそれますが

ECサイトも実店舗同様、

維持費がそれなりにかかるものだということは

覚えておいてくださいね。

 

 

確かにECサイトは維持費を

限りなく下げることができるのですが

 

 

今やネット上に店舗を出したからといって

それが集客につながる時代ではありません。

 

 

ほぼすべてのライバルがECサイトを持っていますので

自分の店舗を見てもらうためには

それなりに広告費が必要になってきます。

 

 

これは、私の実感になり

少し恐縮なのですが

 

 

今はECサイトの広告費は

実店舗の賃料のようなもので

かなりの金額を投資するのが必要かと思います。

 

 

もちろん、綿密にデータを取りますので

私の店舗の場合は、かけた広告費以上に利益が出ています。

 

 

言い換えると、広告費をかければかけるほど

利益額は伸びるという感覚です。

 

 

販売チャネルにおいては

経費をかけることは効果があれば

どんどん行っていきます。

 

 

3、販売チャネルでは規模を大きくすることを常に意識する

 

というわけで、実際の店舗や

ECサイトにおいては、

 

 

かけた経費以上に

利益が上がることが前提にはなりますが

規模はどんどん大きくしていくのが重要です。

 

 

固定費のリスクは高い反面

やはり大きな利益を得ることができるので

ビジネスの規模感は大きいに越したことはありません。

 

 

そして、規模が大きくなればなるほど

集客できるお客さんの数は多くなっていきます。

 

 

そんな中で商品に興味を持ってくれたお客さんに

いかに効果的に商品を販売するのか

ということが重要になってきます。

 

4、切迫感を与えることが効果的に売り上げにつながる

 

そこで重要になってくる

マーケティング戦略なのですが

店舗経営に相性が良く

絶対に取り入れるべき戦略があります。

 

 

それは、

 

「切迫感を与える」

 

というマーケティング手法になります。

 

 

これは販売手法としては

かなり積極的な部類に入るのですが

 

 

限定性や希少性をアピールして

今しか購入のチャンスはないと

お客さんに思ってもらうように

演出するという手法です。

 

 

すこし積極的すぎるように

感じる方もいるかもしれませんが

ビジネスの現場ではよく使われている手法で

確実に売り上げにつながる方法になります。

 

 

 

例えば、ショッピングモールで行われている

セールなんかも切迫感を与える手法だったりします。

 

 

ショッピングモールに50%オフとか

70%オフとか

よく店舗の一番目立つところに

貼られています。

 

 

これは、とてもお得であるということを

告知しているだけではなく

暗黙の了解で

 

50%オフで購入できるのは今だけですよ。

50%オフで購入できるのはこの店舗だけですよ。

だから今すぐうちで購入していきませんか。

 

という内容がお客さんに伝わっています。

 

 

もちろんそれはある程度事実で

実際に一定期間が過ぎるとその割引の

告知はなくなってしまいます。

 

 

でも、少し待っていると

また同じようなセールが始まります。

 

 

こんな感じで一定の期間で

この切迫感を与える告知を繰り返して

売り上げを最大化しているという訳です。

 

 

これはとても有効なマーケティングで

売り上げに確実につながるからこそ

 

 

ショッピングモールでは

かなり多くの店舗で採用されているんですね。

 

5、石岡の事例

 

私の場合は、この切迫感を与える

マーケティングを使うのはあえてあまりしていません。

 

 

ただ、例外的に使うのは

通販の販売の時になります。

 

 

通販事業では、このマーケティングを

使わない人はいないというくらい

かなり重要で

効果的なマーケティングなんですね。

 

 

福袋なんかを年始に販売するときは

 

「1月10日まで、50個限定」

 

など必ず商品の販売ページに記載します。

 

 

お客さんは多少プレーシャーを感じるかもしれませんが

今商品を買わなければという感情になるので

売り上げには確実につながっています。

 

 

また、福袋という商品名そのものが

お正月でないとこの価格で購入できないと

認知されているため

 

 

マーケティングの観点から言うと

切迫感を与える効果がかなりあります。

 

 

ほかにも例を挙げると

中国では、11月11日は「独身の日」とされており

かなり大規模なセールを行います。

 

 

もちろんこの日にしか

セール価格で購入する機会はありません。

 

 

そして、この11月11日の売り上げが

一日で1兆5000億円くらいの売り上げが上がります。

 

 

とんでもないですね。

 

 

この切迫感を与えるマーケティングの

最も成功してる事例の一つかもしれません。

 

 

6、まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

実際の店舗経営やECサイトの経営において

参考になりましたでしょうか。

 

 

店舗経営において、

意識するのは経費と利益のバランスで

もちろん利益が最も大きくなるように

経営するのがベストです。

 

 

そして、店舗やECサイトの規模は

なるべく大きくできるように意識して経営していくのが

ポイントでした。

 

 

そんな中で、とても効果的なマーケティング手法は

「切迫感を与える」というものでした。

 

 

これはあらゆる利益率の高いビジネスにおいて

効果的に使われている手法ですので

ぜひ日常生活でも意識して探してみてくださいね。

 

 

本日の記事があなたのお役に立ちましたら

とても嬉しく思います!

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

切迫感を与える【マーケティング】~vol.51~

 

 

-ブログ, マーケティング
-, ,

Copyright© クアラルンプールで暮らす社長のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.