ブログ マーケティング

販売当たりの利益が増えるとビジネスは進化する【数字に即反映】

投稿日:

 

日々仕事をしていく中で

商品を販売したときの一回当たりの利益が

もっと多くならないかなと

考えることもあると思います。

 

 

これは、ビジネスで利益を上げるためには

とても重要な考え方で

私なんかはほぼ毎日考えているくらいです。

 

 

一回の販売ごとにより多くの利益が得られれば

同じ労力でより大きく稼ぐことができます。

 

 

労力には限界がありますが

商品を販売したときの一回当たりの利益は

工夫次第で大きく増やすことも可能です。

 

 

そこで今日は、この商品の販売一回当たりの

利益をどうやったら増やすことができるのか

解説していきたいと思います。

 

 

もちろん、ノウハウだけでなく

販売当たりの利益を増やすための

仕組みづくりについても触れていきますね。

 

 

この辺は私も毎日考えているくらいですので

日々実践しています。

 

 

実践で実証済みの

確実なノウハウをお伝えできればと思いますので

楽しみにしていてくださいね。

 

 

今日の記事を通して

より効率よく利益を上げることのできる

 ビジネスを構築して

いけるようになると思います。

 

 

今日の記事を読むと、、、、

 

 

販売ごとの利益を増やすことができる

販売ごとの利益を増やすための仕組みを作ることができる

同じ労力で少しでも多くの利益を得ることができる

効率よくビジネスを構築することができる

 

 

などのメリットを得ることができます

 

 

なお、この記事を書いている私は

貿易会社経営、ビジネス歴16年、年商2億円の

スモールビジネスの経営者です。

 

 

販売ごとの利益を増やしていくことは

ほぼ毎日といってよいほど考えていますし

実際にできる限りの対策は

常に行っています。

 

 

少しでも収益を増やしたいと思ったときには

販売の数をとにかく多くするか

 

 

販売ごとの利益を

できる限り大きくするか

 

 

一人のお客様にできるだけ多く

リピートしてもらう仕組みを作るか

 

 

大きく考えると

この3パターンになります。

 

 

このうち伸ばしやすいところを

常に伸ばしていくわけですが

 

 

その中でも販売ごとの利益を

いかに増やしていくかというのは

一番労力がかからない傾向にあるため

よく考えるテーマです。

 

 

 

もちろん販売当たりの利益を増やすための

ノウハウは詳しいのですが

 

 

日々実践しているという意味において

常に改善し、追及している分野でもありますね。

 

 

1、販売あたりの利益が増えれば、利益は確実に増える

 

これは、ビジネスにおいて

より多くの利益を得るにはどうすればよいのか

考えるときに、まず意識するポイントになります。

 

 

要は、販売するたびにほとんどの場合は

いくらかの利益が出るわけですが

 

 

より多くの利益を得るためには

この販売当たりの利益という数字を伸ばせば伸ばすほど

儲かります。

 

 

当然と言えば当然の話ですが

100円のパンを一個販売して、20円の利益があったとします。

 

 

このパンの原材料や諸経費など

コストをカットして

 

 

100円のパンを一個売って

40円の利益が出るようにすれば

利益は2倍になりますよね。

 

 

今までの月収が30万円であれば

販売当たりの利益を改善すれば

月収60万円になったりします。

 

 

この辺は経営者であれば

利益が直接自分に還元されるので

経営してて面白いところです。

 

 

従業員の方であっても

会社で具体的に販売当たりの利益を増やせるような

施策ができれば、経営者にとても喜ばれますね。

 

 

出世や給与のアップに

直結するようなお仕事ができると思います。

 

 

2、販売あたりの利益以外に、ビジネスの利益を決める要素

 

この販売当たりの利益以外に

ビジネスの利益を決める大きな要素があります。

 

 

それは、客単価という

数字なのですが、簡単に説明しますね

 

 

客単価とは要は一人のお客さん当たり

どのくらいの金額を購入してくれるのか

というものです。

 

 

これは、リピート率によるところが大きく

100円のパンを1回しか購入しない人は

客単価は100円です。

 

 

しかし、近所に住んでいて

ちょくちょくパンを買いに来てくれる人は

合計で100個購入してくれたりします。

 

 

その人の客単価は

1回しか購入しない人の100倍で

客単価は10000円ですね。

 

 

 

また、客単価は高額商品をセールスすることで

上げれるパターンもあります。

 

 

100円のパンを買いに来た人に

900円のお弁当もセールスして

合計1000円分買ってもらえれば

客単価は1回の購入で1000円ですね。

 

 

このように、販売当たりの利益以外にも

客単価という要素を考えることによって

利益が増えます。

 

 

ビジネスをする際には

この販売当たりの利益や客単価という数字は

業績に直結するので、

日々意識しておくことをおススメします!

 

 

3、伸ばしやすい部分を伸ばす。

 

 

そして、販売当たりの利益と客単価は

別々に切り分けて対策できることがほとんどです。

 

 

よって、ビジネスを進化させていく過程で

販売当たりの利益を伸ばすほうが簡単なのか

 

 

客単価を伸ばすほうが簡単なのか

判断しながら伸ばしやすいほうを

伸ばしていくといいですね。

 

 

しかも利益はこの2つの数字を

掛け算したものになります。

 

 

もっと平たく言えば

収入はこの2つの数字の掛け算で

効率よく増やすことができます。

 

 

この辺が儲かっている経営者が

とても収入が高いからくりでもありますので

簡単に説明しますね。

 

 

販売当たりの利益が2倍になるように

コストカットなどの施策をすると

30万円だった収入が60万円になります。

 

 

そして、リピート率や

追加購入の仕組みを作り、客単価が

2倍になるような施策をすると

60万円だった収入が120万円になります。

 

 

それぞれの数字を効率よく伸ばすことで

年収1500万円のパン屋さんになれるわけですね。

 

 

それじれ2倍とは言わずに

わずかな改善で1,2倍でも

数字を増やすことができれば

 

 

月収30万円×1,2⇒月収36万円

月収36万円×1,2⇒月収43,2万円

 

です。

 

 

それぞれのわずかな改善でも

収入に換算すると十分伸びていますよね。

 

 

ビジネスは日々これの繰り返して

効率よく事業を育てていくことが重要です。

 

 

4、お買い得感を与えるマーケティングは必ず入れておこう

 

 

話は戻りますが

この販売当たりの利益を伸ばすうえで

とても効果的なマーケティングがあります。

 

 

販売当たりの利益を伸ばすことの

メリットはさきほど説明したとおりですので

実践することで具体的に収入アップできるはずです。

 

 

 

では、その効果的なマーケティングとは

なにかというと

 

「お買い得感を与える」

 

ということです。

 

 

この商品は値段の割には買う価値がある、

明らかに今買ったほうがお得だ

という印象を与えるためにできる限りの努力を

するんですね。

 

 

◆私のサービスは普段月額で10000円いただいているのですが

本日お申し込みの方に限り月額8000円でお受けいたします。

(お買い得ですよね)

 

◆この家具を作っている家具職人は

ニューヨークで受賞経験があります。

この人が作った家具を購入する機会に恵まれることは

年に1回あるか無いかですよ。

(お買い得ですよね)

 

◆この時計のムーブメントは日本製ものです。

いまやこのブランドで日本製のものを

使用するのはこのモデルだけになりました。

 しかも、ほかの商品と

値段は変わらないんですよ

(お買い得ですよね)

 

 

のような感じです。

 

 

今この商品を購入することが

いかにお買い得なのか

 

 

これをお客さんにしっかり説明してあげたり

商品のカタログに記載したり

ホームページに書き込んだりするわけです。

 

 

そうすることで

お客さんがその商品を買うことは

お得なことだと判断できれば

マーケティングは成功です。

 

 

このお買い得感を少しでも演出できないか

日々のビジネスの中で意識しながら

取り組むことをおススメします!

 

 

5、石岡の事例

 

私の場合は、お得感の演出というか

結果としてそうなっている事例になります。

 

 

私のスポットコンサルティングは

1時間3万円なのですが、もちろんこちらは

高額な商品になります。

 

 

ただ、これは私自身の時間を消費するため

私の時給を下回っているんですね。

 

 

なので、単純に私は損をする構造なので

基本的には募集していません。

 

 

その一方で需要は常にあるため

普段私の情報を見ていただいている読者さんへの

サービスの気持ちも込めてたまに募集しています。

 

 

そして、スポットコンサルティングによって

得られるメリットとして、一番多いパターンが

 

 

このまま取り組むべきことと

今後やめることが明確に判断できるというものです。

 

 

このまま続けていても

価値のないことはすぐにでもやめれば

「その活動にかける時間」×「その人の時給」

分の金額が単純に節約できます。

 

 

また、今後取り組むべきこと

 

 

具体的には、時間をかけて積み重ねることで

収入や人生の自由度が増えることが多いのですが

 

 

それに時間を使い

その後時給が上がれば

 

「上がった時給」×「その後の労働時間すべて」

分の金額がまた節約できますね。

 

 

これらの情報から得られるお客さんの金銭的メリットは

絶対に3万円以上になります。

 

 

つまり、スポットコンサルティングを

申し込んだほうが具体的に得をする訳です。

 

 

そして、それをアドバイスできるだけの

能力が石岡にあるという根拠はあるのか?

という問いには私の実績により証明されています。

 

 

日々の動画を見ていただいても

どう考えても自由度が高く、収益性の高い事業を所有し、

資産構築にもちゃんと取り掛かっている状況であることが

お分かりいただけると思います。

 

 

そして、それをロジカルに

証明できていると思います

 

 

揺るぎない事実を根拠にプレゼンしているので

当然と言えば当然ですが、論破のしようもないですね。

 

 

そして、その根拠の一つとして

そもそも募集をしていない、

その収益を必要としていないので

販売する必要がないということになります。

 

 

もちろんセールスすることもなければ

その収益をあてにビジネス構築もしていません。

 

 

それがかえって希少性を生み

需要が高まっているというのは皮肉なもので

少し申し訳なく思っています。

 

 

6、まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

販売当たりの利益を改善するだけで

いかに収益を伸ばすことができるか

本日の記事を通して

伝わりましたら嬉しく思います。

 

 

また、販売当たりの利益以外にも

客単価の数字を改善することでも

同様に収益を伸ばすことも解説いたしました。

 

 

こちらのノウハウもとても強力ですので

ぜひ実践してみてくださいね。

 

 

そして、販売当たりの利益、客単価のうち

伸ばしやすいほうを伸ばすというのも大事なことです。

 

 

この数字の掛け算で収入は増えますので

12倍くらいずつ改善するだけでも

かなり収入が伸ばせます。

 

 

どちらか片方でも良いですが

ぜひ2つとも少しでも良いので

数字が改善できないか考えてみてくださいね。

 

 

そして、この2つの改善は

日々ビジネスに取り組む中で常に意識しておくことを

おススメします!

 

 

また、お買い得感を与えるという

マーケティングはとても相性が良いので

ぜひ取り入れてみてください。

 

 

このお買い得感を与えるというとが

ちゃんとできれば、

 

 

もう立派なビジネスマンといっても良いくらいで

ビジネスの収益において

とても良い結果をもたらしてくれると思います。

 

 

ビジネスにおいて利益が多いに越したことはないですし

実際結果が出るととても嬉しいものですので

ぜひ実践してみてくださいね!

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

 

 

-ブログ, マーケティング
-, ,

Copyright© クアラルンプールで暮らす社長のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.